浅野 航平のブログ

周南日記⑤・アニマルハイライト

周南に来てから2カ月。

こちらに来てから取材で関わることが多くなりました。

動物と。

 

支社から車で5分の場所に徳山動物園があるというのもありますが、

動物園以外の場所でも動物を取材する機会が多々ありました。

 

と、いうわけで

この2ヵ月のうちに私が周南エリアで出会ったアニマル、

ハイライトで振り返りましょう。

 

ファーストアニマルはこちら!

周南市の八代小学校で出会った「ギフチョウ」です。

これは撮影中の村田カメラマンの背中にとまったギフチョウを撮影したものです 笑

 

八代小では児童がギフチョウの幼虫を飼育していて、羽化した成虫を放蝶しているんです。

子どもの頃、夏休みは網を片手に外で遊んでいた浅野少年。

ギフチョウを見るのは初めてだったので、興奮しました~。

黄色と黒のコントラストが鮮やかです。

 

セカンドアニマルはこちら!

徳山動物園の「クジャク」です。

 

出会いのきっかけは伊藤アナウンサーからの内線でした。

「こうちゃん!クジャクの映像が欲しい!」

何でも博物館で見た目がクジャクの羽の模様に似ている石〝孔雀石〟を取材したらしく、

石と実物を比較したいのでクジャクの映像が欲しいとのこと。

徳山動物園に趣旨を説明すると、快く協力をして下さいました…

 

こんなに近くでクジャクを見たのは初めて。

気高いイメージがありましたが、意外に人懐っこくて可愛かったですよ。

 

ラストアニマルがこちら!

光市の里の厨で出会った「ツバメ」です。

巣作りの季節なようで、この子の他にもたくさんのツバメが居ました。

 

新幹線の名前にも使われているだけあって、飛行スピードが速い速い。

凛とした見た目が美しいですね。

 

以上、ここまでのアニマルをハイライトで振り返りました。

今後もたくさんの人はもちろん、動物との出会いにも期待!