八谷 英樹のブログ

“周南”ってどう読みますか?

山口で暮らすようになってから、

最近までずっと違和感を覚えていた言葉があります。

 

 

それは「周南」のアクセント

 

 

山口では、「シューナン」の「シュ」のあとに下がる読み方をする人が多い気がします。

「頭高」という読み方です)

一方、私は「シューナン」と平坦に読む方がしっくりくるなぁ、と思っていました。

「平板」という読み方です)

 

 

「周南市」は、2市2町が合併して2003年にできた都市の名称ですが、

おそらく「周防の南部」という意味で「周南」だと思います。

そうであれば、「道南(北海道の南部)」「鴻南(鴻ノ峰の南)」のように、

「平板」で読むのが自然ではないかと思ったわけです。

 

 

「どっちでもいいよ!」という方もいらっしゃるかもしれませんが、

私たちの仕事は、こういう細かいところにこだわります。

私たち・・・結構面倒くさいでしょう?(笑)

日本語のアクセントについて、同僚と何時間も議論を交わすこともあります。

我ながら、ちょっと変態だなぁと思います(笑)。

 

 

さて、「周南」のアクセントについて。

正解がわからず、2年近く悶々とした日々を過ごしていましたが、

「日本語発音アクセント新辞典」を見ると、載っていました!

やはり“主流”は「平板読み」のようです。

 

 

今後、yabのアナウンサーは、

「“周南”は平板読み」で統一することに決めました。

視聴者のみなさんにとっては、

しばらくは慣れないアクセントかもしれませんが・・・ご容赦ください。

 

 

アクセントに、悪戦苦闘です!!