八谷 英樹のブログ

自分のルーツを探る旅 ~前篇~

みなさん、自分のルーツってご存知ですか?

今回は、そんなお話です。

 

 

私の祖母の父、つまり曽祖父「山口にルーツがある」

以前、親戚から聞いたことがありました。

 

 

「おばあちゃんっ子」だった私。

祖母は、愛情たっぷりで・・・とても厳しく、よく怒られました。

何をするにも祖母の言うとおり(笑)。

でも、そんな祖母が大好きでした。

今になって思うと、自然と「女性に逆らってはいけない」ということを

教え込まれた気がします(笑)。

現在、家庭内で難なく妻に従えるのは(笑)

祖母の教えが生きているからかもしれません。

ばあちゃん、ありがとう!

 

大好きだった祖母と幼少期の私

 

 

話が逸れましたが、「山口のルーツ」のことを

もっと祖母にいろいろ聞いておけばよかったなぁと思います。

(祖母は、私が中学生のときに亡くなりました。)

ならば自分で調べてみようではないか、と思い立ったわけです。

 

 

ところで、どうやって調べるのでしょうか?

「私も調べてみたい」という方(がいるかどうかわかりませんが)のために、

調べ方を簡単に!

 

 

方法は・・・地道に戸籍を遡っていきます!

 

①本籍がある市町村の役場で、戸籍(除籍)謄本を取り寄せる。

私は、(不要なものも含めて)あらゆる情報を知りたかったので、

改製原戸籍を取り寄せました(1通750円でした)。

直系の子孫であれば、請求できます。

 

②たとえば、自分→父→祖父→曽祖父といったように、

戸籍筆頭者を遡って請求していく。

 

 

戸籍は、150年前のものまで保存することになっているようです。

運が良ければ、江戸後期~明治初期頃までたどれるかもしれませんね。

 

 

さて、私の場合は、出身地の福岡県春日市役所からスタートです。

 

 

祖母の欄に目をやると・・・。

 

 

 

 

いきなり「山口市」の文字。

山口にゆかりがあるのは「曽祖父」だと聞いていたので、

祖母の戸籍で「山口市」という文字を見つけて、少し興奮しました。

 

 

祖母は、祖父と結婚するまで、

「山口市上金古曾10番地」に本籍があったようです。

昭和30年前後のお話です。

 

 

となると、その場所へ行ってみたくなるのが人間心理というもの。

ところが、現在「上金古曾」という地名は見当たりません。

調べてみると、昭和30年代~40年代にかけて、

山口市では地区の改編が行われたようです。

 

 

そこで、県立山口図書館へ。

職員の方々に協力していただき、

当時の「山口市上金古曾10番地」が、現在のどのあたりか調べます。

古い資料や住宅地図を出してもらい・・・

最終的には「新旧地名対照」という本で判明しました。

 

 

当時の「山口市上金古曾10番地」は

現在の「山口市三の宮2丁目付近」にありました!

 

 

いざ、レッツGO!

 

 

道中「ここに祖母も来ていたかも!?」なんて思いを馳せながら、

サビエル記念公園で写真を撮りました。

 

 

 

 

1人だったので、セルフタイマーで撮りました。

写真には映っていませんが、

周囲の子供たちに、冷ややかな目で見られながらのポーズです(笑)。

 

 

 

 

到着。このあたりです。

 

 

あとは、当時のことを知っているであろう高齢の方を中心に、

近所の人に聞き込みです。

 

 

「すみません、このあたりって昔は『上金古曾』でしたか?」

「10番地ってどのあたりだったんでしょうか?」

「このあたりに、水上さん(祖母の旧姓)って住んでいませんでしたか?」

 

 

・・・普段の仕事が、活きました(笑)。

 

 

近隣の方々は、とても親切な方ばかりでした。

「自宅に上がっていきなさい」と言って話を聞いてくださったり、

後日、当時の詳細な番地が載った地図を郵送してくださったりと、

山口の人たちは本当にいい人ばかりだなと心から思いました。

 

 

直接祖母につながる情報は得られませんでしたが、

おかげさまで、おおよその場所がわかりました。

 

 

 

 

「ここに祖母がいたのかぁ。」

 

 

「本籍地」なので、

厳密に言うと、実際に住んでいたかどうかまではわかりません。

ただ、「祖母のルーツ」に触れて、感慨深いものがありました。

祖母と少し会話ができたような・・・そんな気持ちになりました。

 

 

この場所、実は、私の自宅からわずか2キロほど。不思議な縁を感じました。

3年前、“縁もゆかりもない”山口に引っ越してきたと思っていましたが、

実際は、縁があったんですね。ちょっと感動しました。

 

 

みなさんも「ルーツを探る旅」されてみてはいかがでしょうか?

新たな発見があるかもしれませんよ

 

 

私も、せっかくなので

もう少し前まで、たどってみようと思います。

 

 

後篇に続く。