八谷 英樹のブログ

「見島(ミシマ)」のアクセント

以前、このコラムで「周南」のアクセントについて書きました。

今回は、「見島(ミシマ)」のアクセントについて。

 

 

おそらく多くのみなさんにとって“どうでもいい”であろう話題。

「そんなのどっちでもいいよ」は禁句です(笑)。

 

 

さて、萩市の北、日本海に浮かぶ見島

天然記念物の見島牛が有名です。

 

 

ところで、みなさん「見島(ミシマ)」ってどう読みますか?

おそらく山口に住んでいる方の多くは、

「ミ」のあとに下がる読み方をされるかと思います。

「頭高」という読み方で、「ミ\シマ」と表記します。

私も、疑うことなくそう読んでいました。

 

 

ところが、先日のニュースで

テレビ朝日のアナウンサーが「ミシマ ̄」

平坦に読んだのです(「平板」という読み方です)。

 

 

「おや?」と思い、調べてみると、

 

 

【「○○島(シマ)」の発音】

・3拍、4拍の場合(「ミシマ」は3拍)、原則として「平板」。

 ただし、なかには例外もあり、「見島」は「頭高」でもOK。

・5拍以上の「○○島(シマ)」は、

 原則として「シマ」の前で下がる(例:大津島は「オオツ\シマ」)。

 

ちなみに、

「○○島(ジマ)」と濁る場合、「○○島(トー)」と読む場合は、

原則として「平板」(例:青海島は「オーミジマ ̄」)。

 

 

いろいろ書きましたが、

「見島(ミシマ)」は、「平板」で読むのが原則。

「頭高」でもOKですよ、という結論です。

 

 

あとは、「原則的な読み方」「地元の読み方」をどう判断するか。

アナウンサーとしては、悩ましいところです。

 

 

結論から言うと、yabのアナウンサーは「地元の読み方」を優先し、

「ミ\シマ」と「頭高」で読みましょうということになりました。

 

 

日本語のアクセントって奥が深い!

ちょっとは勉強したつもりでも、まだまだ知らないことばかり。

アクセントに悪戦苦闘の日々です(笑)。