八谷 英樹のブログ

ミドルエイジに思ったこと

 

「コラム見たよー。おめでとう!」

いろんな方から、祝福の言葉をかけていただきました。

この場をお借りして・・・ありがとうございます! (*^_^*) 

みなさん、まだまだお祝いは受け付けておりますよ☆笑

 

 

さて、6月22日~24日、維新みらいふスタジアム(山口市)で

陸上の日本選手権が開催されました。

国内の陸上競技大会で、もっとも権威のある大会です。

山口では初開催。私も取材に行ってきました!

 

 

「男子100m決勝」が行われた2日目には

2万人を超える観客が訪れました。報道陣もたくさん!

いいですねぇ、この熱気。壮観です。

 

 

 

 

さて、その会場でのこと。

取材に来ていた、あるアナウンサーと再会しました。

彼とは就職試験のとき以来11年ぶりに会いました。

 

 

就職活動をしていた当時の私の第一志望は、

彼が所属する会社でした。

「地元の放送局で、1番好きな局だから」という

とてもシンプルな理由でしたけど (^^

 

 

熱意だけは伝わったのか、

その会社の試験では、私も最終面接まで残してもらえました。

でも、結局内定をつかんだのは、私ではなく今回再会した彼

つまり、私は就職試験で彼に負けたわけです。

 

 

今になって思うと、

単純に彼の方が魅力的な人間だっただけなんですけどね。

当時の私は、挫折というか敗北感でいっぱいでした。

実家に帰ってテレビをつけると彼が出ているんですよ。

しばらくの間、苦々しい思いで見ていました (^^

私、根に持つタイプなので!()

 

 

そんな彼と、11年ぶりの再会。

限られた時間でしたが、お互いの近況を話すことができました。

彼には彼の10年間があったんだなぁと、なんだかしみじみ。

もちろん、僕には僕の10年間がありました。

 

 

「もしもあのとき・・・」なんて言い出したらキリがありませんが、

あのときの挫折がなければ、今の自分はないし、

かわいくてしょうがない我が子とも会えなかったかもしれない。

そう考えると、「今は今で幸せだなぁ」って感じました。

そして、何よりがんばっている“同期”の姿を見て

刺激をもらえた1日でした。

 

 

ミドルエイジに差し掛かりましたが、

アナウンサーとして挑戦したいことはまだまだたくさんあります。

今回再会できた彼にも、ほかの仲間たちにも負けないように・・・。

あらためて初心にかえってがんばろうと決意した

TSUYU(梅雨)の出来事でした。