浅野 航平のブログ

周南日記㉘・料理衝動

最近「あっ!料理したい!」と唐突に創作意欲が溢れだすことがあります。

そういう年頃なのでしょうか…

 

去年秋に結婚し、現在は妻と2人暮らしの日々。

 

 

 

 

あれ?待てよ…

 

 

コラムで結婚の話まだしてませんでしたね…

そうなんです、結婚してたんです。

随分サラッとした報告になってしまいました、しかも半年以上遅れて。

「最近、浅野さんちょっとふっくらされた?」と思ったそこのアナタ、それが幸せ太りってやつです。

 

そう、普段はおいしいおいしい妻の手料理を頂いているわけで

そう、普段はおいしいおいしい妻の手料理を頂いているわけで(大事なことなので2回書いておきます)

食の面での不自由は一切なく、健康も保証されているわけです。

 

それでも休みの日になると、一人暮らし時代を思い出してたまに料理したくなるものです。

無駄にこだわって、無駄に時間をかけて料理したくなるものです。

 

先日作った一品、「つけ麺」です!

 

市販の麺、市販のチャーシュー、何の味付けもされていない茹で卵。

なんだよ!こだわりはどこにいったんだよ!と思われるかもしれませんが…

チッチッチッ、何を隠そうこのスープこそが最大のこだわりポイント!

 

スーパーで鶏がらを買い、血合いを取り除くなど下処理を行った上で

圧力鍋を使っておよそ2時間煮たあと、ゆっくりと冷ましてザルで濾したこだわりの黄金スープ。

夜7時の夕食に向け、なんと昼過ぎから仕込みを開始したという熱の入れようです。

 

妻もおいしいと言ってくれました、決して気を遣ってくれたわけではありませんよ?

まぁまぁ上手くできました!

 

妻:ところでさ?

浅:どうした?

妻:残ったスープはどうするの?

浅:ん?

 

そう、私は張り切り過ぎた結果、2人前のつけ麺で使うスープなんで500ミリリットルちょっとなのに

その4倍、2リットル以上のスープを仕込んでしまったのです…

 

妻:これどうやって保存するの?

浅:どうやって保存するんでしょうね…

 

そこまで考えてませんでした、すみません…

 

追伸:その後スープは妻が炊き込みご飯の味付けに使ってくれました、感謝感謝…