浅野 航平のブログ

周南日記㉙・癒しを求めて

春先、関西に帰省した際に訪れたネコカフェでの1枚。

 

ネコって可愛いですよね、ネコ。

見ているだけで癒される、触れ合うともっと癒される。

イヌ派?ネコ派?なんていう設問も一般的ですが私は断然ネコ派ですね。

 

イヌも可愛いですよ?人によく懐いてくれるイメージありますし…

でもネコはネコで、なかなか気を許してくれないからこそ、

お腹を向けて「もっと撫でてー!」とされたらこっちはすごくときめくわけです。

俗に言うツンデレってやつですかな。

 

なんでこんなネコが好きになったかというと、昔ネコと接する機会が多かったからかなと思い返します。

 

今から23年前、そう私が3歳の頃。

よく庭にやってくる野良ネコが居たのです、名前は「ニャン」。

ニャンと鳴くので「ニャン」です。

 

庭で遊んで、時には部屋で一緒に昼寝して、馬のように乗ろうとして怒られて…

当時、幼稚園に通っていた私の帰宅後の楽しみは「ニャン」と遊ぶことだったのです。

 

ランドセルを背負うようになってしばらくした頃、「ニャン」は突然姿を見せなくなりました。

「お引越ししたのかな?」なんて子供心ながらに思っていましたが、

「ニャン」が二度と私の前にあらわれることはありませんでした。

ときどき夢に出てきますし、もう一度会えるなら会いたいと今でも思います。

 

そんなこんなで今でも「ネコを飼いたい!」としばしば思うように。

飼ったらまた「ニャン」と名付けます、その子もニャンと鳴くでしょうから。