田中 亨のブログ

甲子園の記憶~下関国際ベスト8~

3781校

 

今年の高校野球各地方大会への出場校の総数です。

この1か月間、数々のドラマが繰り広げられました。

 

山口代表として甲子園に出場した下関国際は、快進撃を続けました。

大会前「甲子園で1勝」を目指していたチームは、いつしか「日本一」という目標を掲げるまでに進化しました。

 

8月18日 準々決勝の相手は西東京代表の日大三高

2005年に宇部商が甲子園ベスト4に進んだ夏、準々決勝の相手は日大三高でした。

山口県勢13年ぶりのベスト4進出を懸けた戦いが、その13年前と同じ相手。

甲子園と言うのは、こうも不思議な巡り合わせがあるものなのか。

 

私はアルプスで取材をしていました。

終盤で逆転を許し、2対3で惜敗。

一瞬、時が止まりました。

 

涙を流しながら、「ありがとう」と選手たちに声をかける保護者や応援団。

ベスト8のアルプスは、悔しくも暖かい場所でした。

 

「悔しいとしか言えない。それでも仲間を信じて戦えた。いい3年間でした。」

試合後インタビューで選手たちは涙を流しながら語ってくれました。

 

全国の強豪に臆することなく挑んだ下関国際

結果は、3781校のベスト8

この結果を見れば、誰もが認めることでしょう。

「これまでやってきたことは間違いじゃなかった」と。

しかし、選手たちはまだ満足していません。

 

 

その思いを晴らすチャンスが来月やってきます。

下関国際は甲子園ベスト8に入ったことで、福井県で行われる国体への出場が決まりました。

国体は甲子園ベスト8のチームを中心に12校で「日本一」を争います。

福井国体の高校野球(硬式)は9月30日から行われます。

 

「監督さんを『日本一の監督』にしたい」

選手たちが見据えているのは、高校野球の頂点です。