田中 亨のブログ

バドミントンとラーメン

先日、バドミントンの国内トップリーグ S/Jリーグが開幕しました。

山口県からは、周南エリアを中心に活動するACT SAIKYOが参戦しています。

 

その開幕戦の取材に富山県高岡市に行ってきました!

対戦相手のヨネックスは日本代表選手7人を擁する強豪。

結果は、0対3のストレート負けでした。

 

初めてS/Jリーグの取材に行きましたが、単純にバドミントンの試合って面白い!

S/Jリーグはダブルス2試合、シングルス1試合の3本勝負。

時には1試合が1時間以上の熱戦になることもあります。

試合を戦い抜くには相当な体力や精神力が必要なのだと

コートの横から見ていて実感すると同時に、選手へのリスペクトが一層増しました。

ACT SAIKYOの今後の躍進に期待です!

 

 

さて、出張の楽しみと言えば、その土地の食文化に触れること。

富山と言えば、ブリ白エビホタルイカなどの海の幸が豊富。

 

「これらを釣りたい気持ちをぐっと抑えて、今回は食べることに徹しよう。」

モチベーション高く私とカメラマン、アシスタントの3人でお店に向かいました。

 

 

きときと~!(富山弁で「新鮮」という意味)

 

さらに

 

 

オコゼのお造り

弾力があり、旨みの詰まった身の虜になりました。

 

そして、〆は名物 富山ブラックラーメン

戦後、汗を多くかく肉体労働者のために、塩分を効率よく摂取できるようにと作られたのが起源だそうです。

その味は塩っ辛いことで有名です。

 

人気店と思しき、行列ができているお店に行ってみました!

 

お~!確かにスープが黒い!

 

しかし、店長さんからまさかの言葉が・・・

「うちはブラックラーメンじゃないけど、大丈夫?」

「うちはブラックラーメンじゃないけど、大丈夫?」

「うちはブラックラーメンじゃないけど、大丈夫?」

あれれ?

バラエティ番組であれば、こんなふうにセリフを編集して3回くらい繰り返すくらいの衝撃的な一言。

 

食べてみると、味は濃いめの醤油ラーメン。(これはこれでおいしい)

塩辛くない・・・これは富山ブラックラーメンではないのか・・・

残念!・・・

 

悔しかったのか、お店を出た後にカメラマンが一言。

「本当の富山ブラックラーメンを食べたいから、もう1軒行かない?」

 

人生初のラーメン店 はしご決定!

このとき既に満腹度は9割5分。

しかし、このままでは帰れないと3人でお店を探しました!

 

 

今度こそ、正真正銘 富山ブラックラーメン

 

しょっぱ~い!

「これが本場の味か!」と感動しました。

しかし、「しまった・・・食べすぎた・・・」という後悔の念はあるものの、富山を満喫できた出張でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(おわりに)

帰りに新幹線乗り換えの待ち時間 新大阪駅にて

おいしい塩ラーメン

「しまった・・・」