楢﨑 瑞のブログ

守備的思考

1月ももうすぐ終わりだというのに、ようやく初詣をしてきました。

神社に行って、おみくじを引いて…という流れがあると、ああ、正月だなあという気がしてきます。

 

日々の占いは結果が良い時しか信じないですし、

おみくじはそもそも「ありがたいお言葉」として捉え、

「凶が出る」前提で引くという「超絶守備的」ライフを送ってはや32年。

2019年も残り11か月とちょっとになりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

ちなみにこのくだりも、すでに3年くらい使っています。冒険しない。安全な年始のコラム。

中生代三畳紀の登場以降、2億年以上の時間をかけて

甲羅という守備能力をひたすら特化させたキングオブ守備職人(個人的ランキング)・カメには及びませんが、

いかに私が守備的な生き方ばかりをしているかお分かりにな…うん、守備的というよりは、ら進歩していないだけという気がして来ました。

 

何の話でしたっけ。そうです。初詣です。

 

どこに行ったかというと、お隣広島県。

廿日市市は厳島にある厳島神社です。

よく「宮島」と呼ばれますが、これは通称で、正式には「厳島」、なんですね。

(広島では「宮島」の一言で、島と神社を一括りにすることが多い気がします)

お正月期間でおよそ10万人の参拝者が訪れるそうですが、

ちょうどそれも落ち着いた時期だったようで、それほど人も多くなく。

“凶が出る前提”で引いたおみくじは、吉。

「我が知らぬことも、思いのほか人の助けによりて、たやすくなしうる心なり」という”ありがたいお言葉”を頂きました。

ただ、隠楽にふけると身を滅ぼすそうです。思い当たることが多すぎて、挙げれば論文程度の文量になりそうです。

 

このまま帰るのも…ということで、

ちょっと「広島らしい」体験をしてきましたよ。

 

これ…何だかわかります?

広島の名物お土産「もみじまんじゅう」…の金型です。

実は、厳島の商店街やフェリー乗り場のすぐそばには、

この「もみじまんじゅう」作り体験ができる施設があるんですね。

 

たくさん食べてきたけど、さすがに作ったことは無かった…

こうして、金型に生地を流し込んで…

中身となる「あんこ」を置いて、上から生地でふたをします。入れすぎ注意。

ここから金型のフタをして、これでもかというくらい焼きます。

 

これでもか。これでもか。

 

じゃーん!!

なんどかひっくり返しながら、焼き上げたのがこちらです。

欲張って生地を入れすぎた結果、いささかはみ出しました。

ふっ、スケールの大きさが金型に収まらなかっ…すみません欲張りました。入れすぎです。

 

焼きたてのもみじまんじゅうは、ふわりとした甘さと香ばしさがたまりません。

昔はこうしてひとつひとつ手作業で作られていたとか。

お店で買うのもおいしいですが、

できたてのもみじまんじゅうも、また違った魅力がありますね。

最後はしっかりラッピングも。

「チョコ」が「ちょっこ」になっているのは、4文字で揃えたかっただけです。お気になさらず。

いやあ、楽しかった。

生地の流し込みから焼き加減まで、

何から何まで不器用な私に、指導役の方がひたすらフォローに回っていたことは言うまでもありませんが、

これがおそらく「我が知らぬことも、思いのほか人の助けによりて…」ということなのでしょう。

隠楽にふけって身を滅ぼすパターン…なのか…

 

 

 

 

厳島にお立ち寄りの際は、ぜひみなさんも!