八谷 英樹のブログ

わくわく!

 

 

2020東京オリンピックの会場となる新国立競技場です。

1か月ほど前の写真なので、今の状況とは少し違うかもしれません。

 

 

東京オリンピックまで1年を切りました。

スポーツを担当していることもあり、

オリンピック関係の取材も増えてきました。ワクワク☆

山口県関係の選手は全員応援していますが、

なかでも、八谷イチオシの競技は「セーリング」です!

先日、取材で江の島(神奈川県)に行ってきました。

 

 

 

 

江の島といえば、江ノ電ですね。

「仕事で行っても、観光の名所だけは外さない。」

八谷のポリシーです(*^_^*)。

わたくし、いわゆる“鉄(てつ)”ではありませんが、気分が上がりました。

 

 

話が逸れました。

江の島を訪れた目的は、セーリングの国際大会を取材するため

世界各国から一流選手が集まるワールドカップが開催されたのです。

 

 

照りつける太陽。はためく国旗。心地良い波音。

 

 

 

 

♪らららー ららら らららー

 

取材中、ずーっと頭の中に流れていたサザンの名曲

 

 

以前このコラムで紹介した

レーザー級鈴木義弘選手(19)

49er(フォーティナイナー)級小泉維吹(いぶき)選手(23)

会いに(取材しに)行ってきました!

 

 

 

 

さて、海の上での競技。

どう取材するかというと・・・報道用のボートに乗船し、撮影します。

酔い止めの薬を飲んで準備万端。

さぁ行くぞ」というところで・・・呼び止められました。

今回は、海外メディアも多数きていて(さすがワールドカップ!)

乗船は各社1人までとのこと。

信頼できるカメラマンに託し、私は泣く泣く船を降りることにヾ(^_^)/

涙を流しながら、

「何とか・・・何とか僕も乗れませんか?」と叫びました、心の中で(笑)。

 

 

取材艇が帰ってくるまで、5時間半陸で待機!

待ちぼうけでした。

 

 

さて、乗船したNカメラマンいわく、その日の海は大荒れで、

取材艇が揺れに揺れたらしいのです・・・。

酔い止め薬を飲んでいても、みんなゲロゲーロ (>_<)

さらに、カメラを手に持っていたこともあり体が安定せず、

何度も体を船に打ちつけられたと・・・。

(ワタシ乗らなくてヨカッタ・・・。)

船上戦場・・・だったそうです!(笑)

 

目はうつろ、ヨロヨロになって戻ってきたNカメラマン。

そりゃそうですよね、だって5時間半揺られっぱなしですもの(>_<)

満身創痍のNカメラマンに、

次の撮影を要求する私・・・ヒドいヤツです(笑)。

 

♪今何時ちょっと待ってて

 今何時まだ早い~

 

なんてやり取りはありませんでした、さすがプロのカメラマン(笑)。

なんとか無事に撮影できました。

 

 

 

 

取材を終えて、帰るバスの中。

後ろ姿に・・・かける言葉が見つかりませんでした(笑)。

「自分は乗らなくてよかった」なんて、口が裂けても言えません。

 

 

そして、Nカメラマンが船上で苦しんでいる間、

ヨットハーバー内のカフェで

一人おいしいカレーを食べていたことはここだけの秘密です(笑)。

 

 

さて、小泉維吹選手とは今回が初対面でしたが、とってもナイスガイ!

周防大島町出身で、光高校を出て、

現在は、セーリングの本場ニュージーランドを拠点に活動しています。

時速40キロに達することもあり「海のF1」と呼ばれる

49er級(2人乗り)で、東京オリンピックを目指しています。

 

 

みなさん、ぜひ応援してください!

 

 

『Jチャンやまぐち』毎週月曜の「マンデースポーツ」では、

引き続き、東京オリンピックを目指す選手たちをはじめ

県内のスポーツの話題をたっぷりお伝えしていきます。

見ていただけると幸せます(^o^)。

 

 

P.S.

うれしいお便りをいただきました。

マンデースポーツで、私がする“Mポーズ”を

2歳のお嬢さんが気に入ってくれているという内容でした。

小さいお子さんが喜んでくれるのは、本当にうれしいです(^O^)

この場を借りて・・・ありがとうございます!

お嬢さんの健やかな成長を祈っています♪

・・・大きくなっても、僕のこと忘れないでね(笑)。