沖田 総平のブログ

やっぱり日本語は難しい

①「斜(しゃ・はす)に構える」

②「穿った(うがった)見方をする」

この言葉の意味を聞かれたら、

①素直ではない言動や態度を取る

②ひねくれた見方をする

と答える方が多いのではないでしょうか。

 

しかし、本来の意味を考えると、

①は「剣道の試合開始前に、相手に対して刃の先を下げ、姿勢を斜めにして身構えること」なので、

「改まった態度を取ること」であり、

②は「雨だれが石を穿つ」という言葉があるように「穿つ=穴をあける・突き通す」という意味なので

「うまく本質を突いた見方」ということになります。

かといって、たとえば一般の方が本質を突いたいいコメントを言った時に、

アナウンサーが「うがった見方ですね」というと、テレビをご覧の方も「???」となりますよね。

よく、そんなジレンマに陥るのです。

 

またスポーツの実況などで「檄(げき)を飛ばす」という言葉が出てきます。

「ベンチから、監督が選手に檄を飛ばします」なんていう言い回しをよく聞きますが、

本来「檄を飛ばす」は「自らの意見を広め、大衆に同意を求める」という意味で、

「激励の言葉をかける、指示を出す」という意味ではありません。

ただ、多くの人には「檄を飛ばす」でしっかり意味は伝わってしまうのです。

 

こういった状況はよく「誤用の一般化」と言われます。

でも実は「国語に関する世論調査」をしている文化庁は“誤用”という表現を使っていません。

記者発表でも「本来の意味から派生した使われ方も誤りではない」としています。

それでも「文化庁が誤りではないって言ってるんだから、アナウンサーも使っていいんじゃないの?」

とならないのが難しいところ。

私はその言葉の本来の意味をしっかり理解した上で、

その場の状況によって、違う言葉に言い換えたり、

あえて“誤用”の方を言ったりと、使い分けるようにしています。

 

言葉は“生き物”。時代に合わせてその姿を変えていくものです。

「正しい日本語を話す」という信念は堅持しつつも、

柔軟性を持って対応していきたいと思います。