楢﨑 瑞のブログ

最終戦に思う

「最後まで全力でした。幸せな18年でした」

 

11月24日、レノファの今シーズン最終戦。

今年のチームの集大成となる試合は、0-3の完敗。

 

「こういう試合で勝てないのが、僕なんですね…力不足でした。

             あとは、若い選手たちに託します」

 

悔しさは滲ませつつも、穏やかな笑顔で語ったのが印象的でした。

 

坪井慶介(つぼい・けいすけ)選手。40歳。

11月に今シーズン限りでの引退を発表し、臨んだ最終戦でスタメン出場。

プロサッカー選手としての最後の90分を走りぬきました。

 

福岡大から浦和レッズに加入し、ルーキーイヤーから主力として活躍。

2006年には日本代表としてワールドカップ・ドイツ大会にも出場し、

その知名度や実績は、レノファに在籍する選手では圧倒的です。

 

その実力はもちろんですが、

サッカーに打ち込む姿勢や、飾らず謙虚な人柄に、

多くの選手や、サポーターからも尊敬を集めていました。

 

40歳となった今シーズンは、なかなか出場機会に恵まれませんでしたが、

 

「できることを全部やるのはプロとして当然だし、それを怠るのは、ずっと続けてきた努力や、これまで歩いてきた道を全部否定することになるから」

 

そう言って常に全力の準備を続け、若い選手たちの良いお手本になっていました。

 

11月16日のホーム最終戦では、出場こそなりませんでしたが、

引退セレモニーでの感動的なスピーチで、

維新みらいふスタジアムは大きな拍手に包まれました。

 

私はその引退セレモニーの直後にインタビュー取材をさせて頂いたのですが、

 

「引退セレモニーは終わったけど、まだ最終戦が残っていますから。

もう少し選手でいられる時間があるので、しっかり準備を続けますよ」

 

「その結果が、スタメンでも、メンバー外だったとしても、それはそれでいい。

最後の最後まで最高の準備をする。それは当然でしょう」

 

と、笑顔で語った坪井選手。

最後だから、とか、引退するから、とか、そういうことではなく…

あるのはプロとしての矜持。

「ああ、この人こそ、本物のプロフェッショナルだ」と、圧倒されました。

 

そして迎えた、11月24日のシーズン最終戦。

スタメンには「坪井慶介」の名前が。

 

試合後の記者会見で霜田監督は

今日は坪井の引退試合ではありません。勝点3がかかった試合。

      一番勝つ確率が高いのが坪井を起用することでした

 

と、話しました。

 

戦術的な狙いやメンバーの兼ね合いはもちろんありますが、

なにより、坪井選手が1年を通して全力の準備を貫いたからこそのスタメン起用でした。

 

0-3で敗戦、という結果でしたが、

ディフェンダーとして、レノファの最終ラインを守り続け、

時に、自分よりも一回り以上若い選手たちに声をかけ続ける姿を見て、

改めてその存在の大きさを感じました。

 

試合終了を告げるホイッスルが鳴った瞬間。

ピッチには、敗戦の悔しさにうつむく坪井選手の姿がありました。

 

最後の最後まで、

感慨にふけることなく、ただ勝利だけを求めて走った坪井選手。

 

「悔しいですが、真剣勝負で、勝ち点3を取るために戦えたことは財産になりました」

「最後まで力不足だな…と感じましたけど。でも、良かった。山口で終わる決断をしたのは間違っていませんでした。そう思います」

 

そう笑って、坪井選手は、ゆっくりとスタジアムを後にしました。

 

実はこの試合、坪井選手同様に、久々にスタメン起用された選手がいます。

周南市出身の25歳、清永丈瑠(きよなが・たける)選手です。

 

久々…というより、今シーズンに関しては、最終戦にして初出場・初スタメン。

度重なるケガに悩まされながら、最後の最後でようやくつかんだ初出場でした。

 

「さあここから…と思ったらケガをしてしまう。もどかしくて、サッカーのことを考えるのが本当に嫌になった時もありました」

 

試合後に、一言一言をかみしめながら話した清永選手。

「ようやくここからスタートできます」と言葉に力を込めました。

 

年を重ねた選手たちが少しずつ去っていきます。そして素晴らしい才能を持った若い選手たちが現れますこれはごく自然なことだと思います。

けれども、ベテランの選手、これからベテランになっていく選手たち、自分が納得するまで必死にもがいてください。

そして、そんな姿を見た若い選手たちが、何かを感じ、学び、大切なことに気付き、さらに素晴らしいサッカー選手へと成長していってくれることを願っています”

 

坪井選手が、ホーム最終戦のスピーチで語った言葉です。

 

「幸せな18年だった」と話した坪井選手がピッチを去り、

ケガに苦しんだ若い才能・清永選手がピッチに帰ってきた。

 

その言葉通り、真剣勝負の世界で最後まで「もがき続けた」坪井選手の姿を見て、

清永選手をはじめ、若い選手たちは何を感じ、学んだでしょうか。

 

11月24日。

ひとりの偉大な選手が歴史になり、

ひとりの若い才能が復活の日を迎えました。

 

“さよなら” と “おかえり” が交差した最終戦。

 

今シーズンの終わり、

そして来シーズンのはじまりの瞬間でもあります。

 

偉大なレジェンドが残してくれた後ろ姿が、

さらなる飛躍へと繋がるきっかけになることを、願ってやみません。