柘植忠司の日記

よろしくお願いします

7年ぶりにアナウンサーをさせていただくことになりました。

がんばっている多くの人たちの背中を押してあげられるような

アナウンサーになりたいと思っています。

 

営業3年、下関支社記者3年の間に

貴重な経験をたくさん積ませていただきました。

特に尊敬できる人にたくさん出会ったことが最大の財産です。

 

下関支社を離れる時の送別会(感染対策を万全にして)で「フグ刺し」をいただきました。

「フグ」は「フク(福)」と呼ばれる 下関の縁起物。

中でも登場したのは、アメリカにも輸出されている極上モノ。

皿には名横綱 千代の冨士関の手形入りサインも。

本当に最高の餞別になりました。

ありがとうございました。

 

長いブランクのため、

現在の課題は同僚アナウンサーとの距離感。

徐々に縮めて、

このコラムで各人の横顔をこっそり披露していきたいと思います。

 

どうぞよろしくお願いします。