柘植忠司の日記

若さは忘れず!

48歳になりました。

20代の頃は「40代後半」の先輩アナウンサーを見て大変な年の差を感じたものです。

とうとう私も・・・

実感はほとんどありません。

家族がプレゼントしてしてくれたケーキしか実感がありません。

なので「気持ちは40歳」で(笑)

高校1年の娘の冷めた視線が刺さりました。