柘植忠司の日記

デビュー戦

小4になる息子がいます。わんぱくです(笑)

私「何かスポ少でやったら?」

息子「ふ~ん」。反応が鈍い。 

近所の仲間の多くが、サッカーのスポーツ少年団に入っています。

「多分サッカーだろう」と私。

しかし、息子が選んだのは「野球」。私の予想を裏切ってくれた。

「流されないあなたはえらい!」さすが、我が息子!私の遺伝子を受け継いでいる。

 

昨今の少子化で野球人口は減少傾向。息子のスポ少も同様。

入団して1か月が過ぎた ある試合の終盤。

息子がベンチから出てきた。

私「おおおおおおお!!!」

しかし、グローブもバットも持っていない・・・・

笑顔で息子が向かった先は「1塁コーチ」。

野球ルールもままならない息子だが、大きな声を出してがんばっていた。

高校野球中継に関わって長いですが、スタンドで応援する保護者の思いが分かった気がします。

息子の熱がいつまで続くかわかりませんが、「熱く」応援してやりたいと思います(笑)

 

追伸、チームの保護者には、

スマホ動画を撮りながらの実況が喜ばれます(笑)

私もチームに貢献です!