柘植忠司の日記

赤く燃える息子の魂

野球に目覚めた息子。

毎日、自ら素振りをしている。

自発的に行動する姿は初めて。

先日、プロ野球の2軍戦を観戦。息子が連れて行ってくれと懇願。

私は調子に乗って、新品のカープ帽子を買ってやった。

試合後、ベンチ前に移動して選手を間近に見に行く息子。

選手に手あたり次第に手を振る。

「父!(私はそう呼ばれる)手を振ってくれたよ!」

「誰?」

「中村奨成」(少年は呼び捨てが多い)

 

初めてのプロ野球選手とのコンタクトに息子は興奮。

その後も100回は中村選手の名前を口にしていた。

もちろん呼び捨て。

 

ちなみに、

ヌンチャク型の応援グッズも買ってやったが家族には不評だ。

今や、テレビのチャンネル権は息子に握られている我が家。

興奮する声と、グッズ音で会話が聞こえない。

 

「見る」「やる」・・・二刀流の息子。

魂は熱く燃えている。

ちなみに私はドラゴンズファン(笑)

応援してるぞ根尾!!・・・君。

ちなみに妻は山本昌さんファン。