柘植忠司の日記

来い!朗報

10月11日にプロ野球ドラフト会議があります。

県内の高校生では宇部工業の小森航大郎選手が注目されています。

小森選手は走攻守の3拍子がそろった逸材。

高校通算HRは26本ですが、コロナがなければ「50本以上」とも言われています。

取材に伺った際もプロ野球のスカウトがズラリ。

あるスカウトは「多分かかると思うよ」と!!

 

小森選手は出身は福岡ですが、

野球を始めたのは小学1年の時、山口市で。

つまり山口で育った球児。

「本当は出身も山口にしたいんですけど」とも。

「支配下が希望ですが、育成でも行きたいです」と力強い抱負。

 

夏の山口大会を終えてからも毎日の練習は欠かしません。

いわゆる「野球小僧」です。

一方で「僕」や「自分」という球児がほとんどの中、

小森選手は「私」を使います。

これは素晴らしい!私は初めて出会いました。

 

運命のドラフト会議、小森選手の朗報が届くことを祈ります。