井川 弘宜のブログ

夏の1日

梅雨明けが遅いと思ったら

いきなり暑くなったり

台風が来たり

あっという間に秋雨前線が登場したりと

目まぐるしい夏でした。

オリンピックがやってくる来年の夏もこんな感じなら

世界中から集まるアスリートや観客のみなさんには驚かれるかもしれません。

 

オリンピック・パラリンピックまであと1年。

東京ではあちこちでそれを感じることができます。

 

ここはお江戸日本橋。かつての五街道の起点です。

カラフルな立体五輪マークが橋の北詰に鎮座しています。

ただそこにあるだけですが

これを見るだけでもなんとなくワクワクしてくるから不思議です。

 

そこから横浜に移動。

この日はみなとみらい地区でイベントがあり

そのフィナーレで花火が上がるというのでお誘いを受けました。

花火が上がるのはラスト30分間と。

下関と門司で同時に上がる関門海峡花火大会が1時間近くで1万5000発だから

規模的にはその半分くらいか・・という軽い気持ちで構えていましたが

認識不足でした。

 

わずか30分の間に花火2万発。

花火大会でよく見る最後の大連発クラスが最初から最後まで間断なく

“これでもか!”というくらい続きました。

 

恐るべし横浜みなとみらい。

 

オリンピックの空気感をほんの少し感じ花火を堪能した

2019年の夏の1日でした。

 

 

あなたはどんな夏を過ごされましたか?