沖田 総平のブログ

平成から令和へ

平成の時代も、残すところあとわずかとなりました。

昭和から平成に変わった時、私はまだ中学2年生でした。そう考えると私にとっての“平成”は、高校・大学で人生の土台を作り、アナウンサーという仕事と出会い、多くの貴重な経験を積んできた、中身の濃い時代だったと言えます。

中身が濃すぎて、忘れてしまっていたこともたくさんありますが…

とりあえず直近の目標は、5月以降もアナウンサーとして仕事をさせていただき、「平成から令和にかけて活躍したアナウンサー」という経歴を得ることです(笑)

 

ところで、カレンダーを見ていて思ったのですが、

4月29日 昭和の日

4月30日 平成最後の日

5月1日  令和最初の日

なんですよね。

偶然かもしれませんが、この3日間を見ただけでも、時代が流れていることを改めて感じます。

防府天満宮に行くと、石段に「平成」の花文字が描かれていました。

この文字も5月1日には「令和」へと変わるそうです。

令和の時代にどんな人生が待っているのか?

先のことを考えすぎても不安になるので、これまで通り、毎日を一生懸命に生きていきたいと思います。