どき生てれび

レノファ山口・サッカーに関する質問大募集

のどき生てれび

7月20日のどき生てれび

★県民大調査
「部活の思い出」

★宇部商 玉国元監督の教育論

★どき生映画
「天気の子」
◆映画から見える!甲子園への思い 2作品

★みんなのレノファ
「レノファ山口ゴール集!」

ゲスト:玉国光男さん

玉国流教育論「強いチームの作り方」

玉国光男さんとは?
宇部商業高校 野球部の元監督で
かつては甲子園でドラマチックな試合を数多く残した
「ミラクル宇部商」の指揮を執られた名将!

◆1966年、春のセンバツで宇部商 初の甲子園に
 キャプテンとして出場。
◆1975年、宇部商 野球部の監督に就任。
◆そして数多くの甲子園出場を果たし
 1985年には、夏の甲子園で準優勝。
 決勝は、清原和博や桑田真澄のKKコンビ擁するPL学園と接戦。
◆2006年、監督を勇退。
 宇部商を甲子園に春・夏合わせて16回出場を果たし
 甲子園で通算24勝を挙げる。
◆2014年からは、中学生の硬式野球チーム「宇部ボーイズ」の
 監督として指揮を執る。
◆2016年、こちらの宇部ボーイズも
 創部して丸2年で全国大会への出場を果たす。

「なぜ玉国さんが強いチームを作ることができるのか」。
きょうはそのナゾを解く『玉国流教育論』について
教えていただきましょう!

玉国さんは監督をする上で大切なことを
「ある経験」から学ばれたそうです。
それは…

高校野球の審判員!

審判をすることで、玉国さんは素晴らしい球児を育て、
強いチームを作るために必要なことを発見します。
それは、宇部商から宇部ボーイズにも引き継がれています。

「個人の実力がチームのチカラになる」
玉国さんは基礎練習を重視しています。
自らも体の動きを見せて、球児たちのフォームを細かく修正します。

これまで『直感』で指導してきたという玉国さん。

「強いチームを作る」には
玉国さんの経験に裏打ちされた的確な指導が、
球児にきちんと伝わっているから!

アイリス星占い

1月 好きな人から連絡がありそう ネイビー
2月 たまには断捨離を心掛けよう パープル
3月 欲しかったものがお得に買える イエロー
4月 玄関を拭いて運を呼び込む アクア(水色)
5月 モーニングを食べにカフェへ行こう ブルー
6月 イライラせずにポジティブ思考で レッド
7月 部屋の模様変えで更に開運 ホワイト
8月 手作りパンケーキを作ってみよう グリーン
9月 疲れている時はお風呂に浸かろう ピンク
10月 携帯の写真やアドレス帳の整理を ブラウン
11月 映画館に行くとひらめきがある オレンジ
12月 欲しいと思ったら即購入しよう ブラック
ラッキー 7月 できれば家のプチ大掃除をしよう
アンラッキー 6月 近所をお散歩すると健康運アップ