GO!GO!サタデーPLUS

「ソル・ポニエンテ」「ボートレースチケットショップながと」「オーイエーやまぐち」へGO!GO!

ソル・ポニエンテ

山陽小野田市の焼野海岸沿いにある
美しい夕日が見られるレストラン「ソル・ポニエンテ」

コース料理に加え、新しくアラカルトで単品注文できるようになるなど
いろいろリニューアルしたそうです。

メニューには前菜、パスタ、パエリャなど、
ジャンル別にいろんな料理が並んでいますが、
その中から2人が頼んだのがこちら!

・前菜盛り合わせ(5種)  1,400円(税抜)
・魚介のパエリャ(2人前) 3,000円(税抜)
・帆立貝柱のポワレ 自家製ドライトマト 焦がしバター 2,200円(税抜)
・卵黄とグラナパダーノのローマ風カルボナーラ 1,200円(税抜)
・本日のデザート盛合わせ3種 800円(税抜) 
・和牛ロースのポワレ 3,800円(税抜)
(手前中央から右回りの順)

結局、コース料理みたいになっちゃったけど、
これが全部単品で頼めるということですね!華やか〜♪♪

まずは、「和牛ロースのポワレ」からいただきます。

柔らかくて、ジューシーで美味しいのは、2週間、熟成させているから。
また、和牛の出汁を追加したフォン・ド・ヴォーにレモンを足して、
さっぱり食べられるようにしてあります。

続いては、「帆立貝柱のポワレ 自家製ドライトマト 焦がしバター」
帆立の大きさにビックリ!そして…人生最上級に美味しい!!
海のエキスが口の中に広がります。

バターが焦がしてあるので、コクと香ばしさが出ています。
ドライトマトを使っているので、旨味が倍増しているのもポイントです。

そして、ソル・ポニエンテ 一番の名物パエリャ!
本場以上に具だくさん。これが一番の特徴です。
お米1粒1粒から魚介の旨味が溢れてきます。

2人が食べた料理、以前はコース料理の中の一品だったんですが、
どれも単品で頼めるようになったのは本当に嬉しいことですよね。
みんなでシェアしながら食べる等、気軽に行ってみたくなります。

きれいな景色の中で、美味しい料理が楽しめるのは幸せですね♪

もう一つのリニューアルが、
レストランのお隣にある9月9日に新装オープンしたカフェです。
軽食のテイクアウトもできるようになりました。

“地元へのこだわり“がコンセプトにあり、器は萩焼を使用しているそうです。
また、サンドイッチのパンなど、
食材も地元にこだわったものを使用しています。

ドリンクとのセットでもテイクアウトできるので、
海岸に持って行って、景色を眺めながら食べるのもいいんじゃないでしょうか。

レストランもカフェも
ぜひお気軽にご来店ください。

◆ソル・ポニエンテ
https://www.sol-poniente.co.jp/
※Instagramでも情報発信中!

ボートレースチケットショップ ながと

さあ続いてはボートレース下関についての情報です。

むぎ :といっても、今私たちがいるのは下関ではなく、長門市です。

そう、実は9月6日、長門市東深川に
「ボートレースチケットショップ ながと」という施設がオープンしたんです。
ということで、今回はこちらの紹介です。

案内してくれるのは運営責任者・禾本 和広さん

むぎ  :和風でステキな建物ですね。
禾本さん:長門市の歴史、風土などを意識して、和モダンなデザインに仕上げています。
むぎ  :長門の街にぴったりだね。
禾本さん:入る際に検温、手の消毒、マスク着用の三原則でやっています。

じゃ、その三原則を踏まえた上で、さっそく中を案内してもらいましょう。
まずは一般エリアです。

ユリー :うわ~広々して明るいですね。
むぎ  :モニタもたくさんありますね。
禾本さん:8場96レースを1日で発売できるようになっています。
むぎ  :ここにいたら、いろんなレースが楽しめるんですね。
     会場に行かなくてもここで見れるのがステキです。

続いて有料エリア。利用料は1,000円です。

禾本さん:こちらが有料席になります。席数は12席、各席にモニタがあって、
     レースを選んで買えるようになっています。
     あと、フリードリンクになっています。

ユリー :専用のモニタがあるから、レースに集中できるね。
禾本さん:こちらには3名入れる個室が用意されています。

3つの個室には、それぞれ長門を代表する観光地の名前がつけられています。
内装もイメージに合わせたデザインになっていて、
なかなかステキな空間に仕上がっています。

むぎ:ホテルの部屋みたい…高級感あるね。

そして、もう一つのお部屋がこちらです。

禾本さん:こちらが6名で使えるグループ席です。
ユリー :うわ~、めっちゃ広!!

禾本さん:ゆったり楽しんでいただけます。
     今日やってるレースがモニタに映ります。
     発券機があって、キャッシュレス会員であればキャッシュレスで利用できます。
     部屋から出ずにここで買えます。ボタンを押せばドリンクや食事を持ってきます。
     食事は有料です。
むぎ  :至れり尽くせりやね。ボタン一つでご飯が届くんよ。
ユリー :リッチ~。贅沢な気分になれるね。
禾本さん:グループ席と個室はカップラーメンが用意してあるので、
     ボタンを押してもらえればご用意します。
ユリー :私、カップラーメン食べたい。

個室は「青海島」「元乃隅」「長門湯本」の3室(利用料3,000円)。
グループ室「千畳敷」(利用料5,000円)。
長門にまつわる名前が付いています。

ユリー :外観もですが、中もステキでした。
禾本さん:こちらは全国24場のうち8場をピックアップして舟券購入できます。
     ゆったり楽しめるので、ご来場ください。
むぎ  :レース開催会場ももちろんですが、
     ここ長門のチケットショップも快適に過ごせそうですね。
ユリー :みなさんも楽しんでみてはいかがでしょうか。

◆ボートレースチケットショップ ながと
住所:長門市東深川911
TEL:083-246-1161
http://bts-nagato.com/

OH!YEAH!やまぐち

yabが運営するECサイト「OH!YEAH!やまぐち」のご紹介です。
コロナウイルス感染症の影響を受けた生産者の皆さんを助けようと、
地元の特産品などを販売しています。

色々な商品が販売されていますが、今回はその中の「鹿野ファーム」に注目!
美味しい商品がどうやってできるのか気になる…
ということで、ウインナーやハムを作る工場にやって来ました。

担当の浮田さんに案内され、工場の中へ。
まずはお肉を切り分けていきます。

鹿野ファームが扱う豚は、「四元豚」といって全国的にも珍しい品種です。
脂がしっとり甘くて、赤身がジューシーという特徴があります。

続いては腸詰めの工程です。
天然羊の腸にミンチを詰めていきます。
簡単そうですが、繊細な技術が必要です。

こうして腸詰めされたソーセージは、フックにかけられて加熱工程に送られます。
香りをつけ、じっくり焼き上げる工程です。樫の木のチップでスモークします。

そして出来上がったのがこちら。

とてもきれいな色ですね。できたてを試食させて頂きました。

できたてなので、もちろんジューシー。お肉の甘味と脂の旨味が最高です。
こちらの商品は、サイトで扱っている
「鹿野ファーム厳選お試しセットα」の中にも入っていますので、
是非チェックして下さいね!
サイトには他にも山口県産和牛・長州黒かしわ・胡蝶蘭など各種掲載されています。
是非一度覗いてみて下さい!

◆鹿野ファーム
住所:周南市大字鹿野中34-1
オーイエーやまぐち→検索 もしくはyabのホームページより
https://ohyeah-yamaguchi.com/
https://www.yab.co.jp/