GO!GO!サタデーPLUS

「安本建設」へGO!GO!

安本建設

今回のGOGOサタデーは、おなじみ住宅情報。
とっても素敵なインテリアの情報もありますよ。
それじゃいってみよう・・・
Let’s go Plus!!

毎回好評の住宅情報~。
岩国市で70年以上の実績を誇る「安本建設」が、
新しいモデルハウスをつくったということで、さっそく訪ねてみました。

ユリー「めっちゃカッコいい外観やね~」
むぎ「植物もあってシャレてるね」

今回紹介してくれるのは
安本建設 住宅事業部 営業・瀬良 阿希さん

ユリー「スタイリッシュな家ですね。今回は平屋ですか?」
瀬良さん「はい。外壁がグレーと黒でカッコいい外観になっています。
     おしゃれな要素を盛り込んだ平屋です。」
むぎ「玄関の横は中庭ですか? ウッドデッキがありますね。」

瀬良さん「今回のテーマである
     “グリーンコートテラスハウス~緑に囲まれたデッキテラスのある家~”の特徴です。
     安本建設は、アトリエ建築家と建てる家“R+house”を提案しているんですが、
     平屋のお家もその一つです。中へどうぞ」
『グリーンコートテラスハウス〜緑に囲まれたデッキテラスのある家〜』
岩国市通津 つづきあいのまち内

むぎ「何これ・・・鏡ですか?」
瀬良さん「ガラスタイルです。姿見にもなるタイルなんです。
     玄関を開けた時のインパクトもあるんです!」
ユリー「初めて見た!」

むぎ「そして暖かいね。」
瀬良さん「実はこれ、エアコンと連動している“エコウィンハイブリッド”といって
     部屋全体を均等に暖めてくれます。夏は部屋を涼しくしてくれます。」
むぎ「ぱっと見、暖房器具に見えない」
ユリー「玄関、超広いね・・・シューズクロークですか」
瀬良さん「ベビーカーや自転車も入れられるようになっています。」
むぐ「いろんなものが目に飛び込んできて何から言ったらいいのか迷うね。中に入ってみよう。」

むぎ「お家の中もすごい。レストランみたい。明るくていいですね。」
瀬良さん「白が基調なので膨張色で、明るく見えたり広く見える空間づくりになっています。」

ユリー「窓も大きいから光が差し込んでいいですね。
    ウッドデッキはここから出れるんですか?」
瀬良さん「LDKとつながっているので、
     天気がいい日はオープンスペースで食事やお茶を飲んだり
     夏はバーベキューやプールを出して楽しむこともできると思います」
ユリー「(窓を開けると)寒っっ!!」
瀬良さん「あとは遮音効果も優れています。窓を閉めると外の音がぜんぜん聞こえません。
     遮音と断熱に優れた窓になっています。」
ユリー「(ウッドデッキに出て)めちゃくちゃ広い!!」
※樹脂サッシ+トリプルガラスで遮音&断熱性能アップ!

リビングとつながった広いデッキテラスで走ったあとは、やっぱり気になるこちら。

ユリー「そして、キッチンもすごくいいね。」
瀬良さん「周遊できるんです。”iキューブ”というキッチンで、
     一番の特徴は3Dシンクになっていて
     こうして天板、まな板、水切りプレートが収納されています。
     使いやすくて多様性に優れています。

瀬良さん「このように沐浴もできるんです!!」
ユリー&むぎ「お〜っっびっくりした」
むぎ「びっくりしすぎて言葉が出ませんでした」

思わぬものが出てきてびっくりしましたが、
この「iキューブ」の特徴はこれだけじゃないんです。
シンクの向かい側はカウンターになっていますから、
朝食などは手軽にそこですますこともできます。
そして、もう一つの特徴は、キッチン全体が床から浮いていること。
もうおわかりですよね。そう、ロボット掃除機が入るスペースです。
これ、けっこう嬉しい仕様だと思いませんか。

※CUBE/Sシリーズ TOYO KITCHEN STYLE

そしてせっかくなので、他のお部屋も見せてもらいましょう。

ユリー「カウンターからウッドデッキが見えるんですね」
瀬良さん「広がりを感じられると思います」

むぎ「ここ、何ですか?」
瀬良さん「単なる廊下じゃなくてウォークインクローゼットになっています」
むぎ「贅沢に広い収納スペースですね」


瀬良さん「奥が主寝室です」

ユリー「おしゃれ〜・・・あの窓は? ドアですか?」
瀬良さん「ガレージにつながっています。雨の日とか玄関に行かなくていいので、
     濡れなくなっています。リモコンでシャッターの開閉ができます」
むぎ「めちゃくちゃ便利だし・・・ガレージ広い・・・」
瀬良さん「車が2台おけるスペースになっています。」
むぎ「帰ってきてすぐ寝れるね」

ユリー「ところで入ってずっと気になっていたんですが、
    お洒落な家具が置いてある。すごいですね。」
瀬良さん「これは社長から説明させていただきます。」

ここからは安本建設 代表取締役社長 安本 賢さん

社長「瀬良の説明がうますぎて僕は出番がないんじゃないかと(笑)
   おしゃれな照明やダイニングのセットもあります。
   山口県で唯一ウチの下松店で扱っているイタリアの「Kartell」というブランドの家具で、
   これをモデルハウスに置いています。
   Kartellの家具はすべて世界の有名デザイナーが手がけています。
   めっちゃおしゃれなんです。」
ユリー「他に見たことないデザインの家具です」

むぎ「このソファもちょうどいい柔らかさ」
社長「さっき紹介したのはKartellだけど、これはトーヨーキッチンがつくっているソファです。
   照明もそうです・・・
   照明から家具、内装からすべてのインテリアのコーディネートができるので、
   家のデザインを家具と一緒にご提案しています。」

R+house kudamastu店の様子

※kartell(カルテル)
 イタリアのデザイナーズ家具ブランド。1949年の創業以来、プラスチックを使用した
 デザインと機能性、高品質なプロダクトを世に出し、インダストリアルデザインの
 トップブランドとしての地位を確立している。
 『R+house kudamatsu』 下松市瑞穂町1−9−11にて取扱販売中

設計の段階から、家具も照明も含めたインテリアをデザインしてくれるのが
安本建設の“R+house(アール・プラス・ハウス)”。
社長さんに、そこんとこもうちょっと詳しく教えてもらいました。

社長「アトリエ建築家と組んでご提案しています。
   全国に80名くらいいて、TV番組で「匠」と呼ばれている人たちです。
   ですからデザインはもちろん、性能や住心地、
   ライフスタイルまでデザインする家づくりをしています。
   建てていただいた方に喜んでもらっています。」
むぎ「暮らしまでデザインしてくれるんですね。」
社長「一人ひとり生活のスタイルが違うので、
   それをヒアリングしながらデザインするので住心地のいい家になります。
   そしてもう一つ特徴があります。“ZEH”って何でしょう?」
むぎ「知ってます。ゼロ・エネルギー・ハウスのことですよね」
社長「はい、太陽光で発電した電気を使うんですが、
   つくる電気のほうが多ければ支出がゼロなので、ゼロエネルギーハウスということです。
   実はここには太陽光もありますが、蓄電池もあるんです。」
むぎ「貯めとける?」
社長「太陽光は昼間しか発電しません。
   夜や雨の日などは蓄電池に貯めた電気を使うことができるんです。」

※ZEH(Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。
住まいの高断熱・高気密な構造、高効率な設備の導入、
そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、
年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支を
プラスマイナス「ゼロ」にする住宅。

そう、電気は、どちらかといえば夜のほうがたくさん使いますからね。
そして、蓄電池にはもう一つ大きなメリットが!
台風や地震などの災害時、何日かは蓄電池に貯めた電気で暮らすことができるんです。
さらに、ガレージには、電気自動車から電気を供給するシステムもついていますから、
二重の安心が手に入ります。
ゼロエネルギーハウスは、自然にもお財布にも優しくて、災害にも強い家なんですね。
電気自動車から電気を供給できるシステムもついています

社長「そして、実は、この建物は家づくり検討中の方限定で宿泊施設体験ができるんです。
   ここで1日を過ごしていただければ、過ごしやすさがわかると思います。」
ユリー「どこまで?」
むぎ「お風呂は?」
社長「もちろん。布団もウチで用意させていただきます。
   ホテル感覚で泊まっていただければと思っています。」
ユリー「料金は?」
社長「ゼロ円です。お金もらったらおかしいでしょう。」
むぎ「そのまま帰りたくなくなりそう。」
社長「じゃ、そのままご購入いただいて!ぜひ泊まりに来てください。」

真剣に家づくりを検討している人は、一度泊まってみて、
そのデザインの良さや快適さを体験してみるといいんじゃないでしょうか。
宿泊体験については直接電話で問い合わせてくださいね。
さいごに安本建設からのお知らせです。

■後悔しないための賢い家づくり勉強会
2/16(日) 岩国市民文化会館
3/8(日) 下松市ほしらんどくだまつ

■“R+house”の県内一斉見学会
3/20(金・祝)〜22(日)
R+house県内一斉見学会開催
会場:下関市・山口市・岩国市

◇お問い合わせ0120-37-8396
【安本建設】【検索】