GO!GO!サタデーPLUS

「萩博物館」「ジューケン」へGO!GO!

萩博物館

ユリーとむぎちゃんは萩博物館へやってきました。
看板には・・・「危険生物大迷宮」の文字。
早速、中へ突撃!!
学芸員の川原さんに案内してもらうことに・・・。

「危険生物大迷宮」は
世界の危険な陸上生物150種のはく製と200点の写真を集めた
萩博物館の夏期特別展示です。
山口県初公開のはく製や標本なども展示されているそうです。
いったいどんな展示がされているのか二人とも興味津々です。

川原さんの案内のもと早速猛獣コーナーへ。
ライオンやハイエナなどいかにも危険です!
その中でも注目が山口県初公開の「ウルバリン」。
小さい体でもホッキョクグマを倒す戦闘能力を持っているそうです。

そして隣のコーナーへ目を移すと・・・巨大ヘビ!!
そう、「オオアナコンダ」です。
巨大な体で人や猛獣を絞め殺し丸のみ。
南半球で生息しているので二人は少し安心。
この展示では全長5mの日本国内最大級のはく製が展示されています。

続いてはこの特別展で目玉となっているのが・・・ハイブリッド猛獣「レオポン」!!
こちらも山口県初登場です。
なぜハイブリットかというと、
ヒョウ(レオパード)の父親とライオンの母親の間に生まれた猛獣なので「レオポン」です。
ライオンのような大きな体とヒョウの柄が特徴的です。
レオポンは、動物園でヒョウとライオンが試験的にいっしょに飼育され誕生しました。
自然界でも、近縁な種類同士の間にハイブリッドが生まれることがあるそうです。
そのようなハイブリッド危険生物も展示されています。

そのほかにも、身近にいる危険生物や
日本、そして萩にもいる危険生物などの展示が沢山あります。
夏休み自由研究のヒントになるかも!
ぜひ、萩博物館の「危険生物大迷宮」に行って学んでみて下さい!

開催期間は9月1日までです。
期間中はアンケートに答えたら抽選で毎週10名にカンバッチも当たります。
ぜひ応募してみて下さい!

◆萩博物館特別展「危険生物大迷宮」 
~9月1日(日)まで開催中!
お問合せ「萩博物館」  
TEL:0838-25-6447

 

ジューケン

続いては住宅情報。

2人がお邪魔したのは、
“こだわりの住宅づくり“で定評のある建設会社
「ジューケン」の新築住宅。

レンガ調、北欧スタイル…施主さんのこだわりで、かわいい感じ。

家の中も見学させてもらいました。

真っ白で木もあってナチュラルなリビングスペース。
近寄って見てみるといろんなところに“こだわり”がありました。

その他、どの部屋も一見シンプルなんですが、
施主さんの思いが詰まっていました。

「施主さんはそれぞれ思いが違いますから、それを形にできれば」
と話す松尾さん。

ジューケンでは月2回程度見学会を開催しています。
HPをぜひチェックしてみてください。

◆株式会社ジューケン
住所:熊毛郡田布施町大字下田布施916-3
TEL:0820-25-3088
HP:http://jyuken1101.co.jp/