GO!GO!サタデーPLUS

「ネストハウス」「周南スポーツ」へGO!GO!

ネストハウス

ユリー:今回はおなじみ住宅情報と…
むぎ :最近、足は疲れていませんか?
    そんな方にぴったりの情報をお届けします!
    それじゃいってみよう!

2人 :Let’s go Plus!!

むぎ :まずは、おなじみ住宅情報です。
    実は番組にお便りが届いているので読んでみますね!
    「ステキなお家が多すぎで迷ってしまいます。
    家造りのポイントを教えてほしいです。」ということで、
    家づくりコンシェルジュの石川貴大さんにお話をうかがいたいと思います。

2人がやって来たのは岩国市由宇町、
健康志向の家づくりを行っている「ネストハウス」が運営する
「イロハーブ」という複合施設です。
ここにはグリーンョップやインテリアのお店もあって、
地域のコミュニケーションの場にもなっています。


むぎ  :たしかに家づくりっていろいろ迷うよね。
     コンシェルジュはその悩みを解決してくれるんですか?
石川さん:家をつくる際にはいろいろ困ることが出てきます。
     デザインや土地のことなど…それらを私たちが解決します。
むぎ  :そうなんですね。
     今回はモデルハウスを見学するときのポイントを教えてもらえますか?
石川さん:それでは展示場で実物を見ながらご説明します。

ということで、岩国市保津町にあるモデルハウスに移動しました。


むぎ  :木の感じがステキですね!
石川さん:モデルハウスを見るときのポイント1つ目は「暮らしをイメージすること」です!
     耐震、断熱、デザイン、機能も大切ですが、
     家だけではなくその人のライフスタイルと調和していい暮らしになります。
     なので、家具や家からの景色、庭などをトータルで考えることが大切です。

むぎ  :確かに家の位置や光の入り方とか、設計図じゃわからないことが感じられますよね。

石川さん:あとはサイズ感です。間取りだけみると後で家具が入らないこともあります。
     家具の大きさを含めて設計することが大切です。
     ポイントの2つ目は照明を消してみることです。

ユリー :電気ですか?
石川さん:はい、普段の生活では昼間に電気を点けることはほとんどありません。
     電気を消した自然光の状態で見てみてください。

これは意外と盲点ですよね。
モデルハウスは、だいたい全ての照明が点いていますからとってもきらびやかなんです。
灯りを消した状態で見ると、それまで見えなかったことが見えてくるんです。

そしてもう一つのポイントは?

石川さん:夜に見学することです。普段、家でくつろぐのはだいたい夜です。
     ただ、夜の風景は、展示場ではあまり見ることができません。
     夜が家族と一緒に一番長く過ごす時間帯なので、
     夜の照明を考えて計画されたらいいと思います。

ユリー :でも、夜は展示場が閉まっていますよね?
石川さん:なので今回は夜の見学会を開催しようと思っています。
     8月22日から3週間の期間限定、
     予約制で開催しますのでご予約いただければと思います。

むぎ  :今回聞いたことを参考にしたら見方が変わるかも!
ユリー :ありがとうございました!みなさんも参考にしてください。

◆株式会社ネストハウス
 住所:岩国市由宇町3915
 TEL:0827-63-1681
 https://nest-h.com/

周南スポーツ

ユリー:続いては、おすすめアイテムの紹介です!
    皆さん、運動してますか?“健康は足から!!”と誰かが言ってたような…。
    その足もとを支える重要なアイテムがシューズです。

むぎ :さっそく行ってみましょう!

ということで、やって来たのは
新南陽球場横にあるスポーツ用品のお店「周南スポーツ」です。
野球用品をメインにしたショップで、
子供や初心者から、本格的なプロモデルまで、幅広く展示してあります。
使う人に合わせた道具の調整もしてくれます。
そして、今回の目的である足もとを支えるアイテム、
高機能スポーツシューズの品揃えも県内随一です。

ユリー :以前も伺ったんですけど、
     スポーツシューズといえば周南スポーツということでやって来ました。
     三浦店長、イチオシは何ですか?
三浦店長:やっぱり “onシューズ”ですね。
     フルマラソンからジョギング、普段履きまで、人気があります。
     とにかく軽いです。雲の上を歩いている、走っている感覚です。

むぎ  :構造が特殊なんですか?
三浦店長:ホースを輪切りにしたようなソールです。
     必要なクッションと反発、吸収が得られます。
     特許をとっているソールです。

実はこの「onシューズ」、
トライアスロンの選手とシューズメーカーの技術者が
共同で立ち上げたブランドなんです。
実際にトライアスロンの選手がこのシューズを市販のままの状態で履いて、
なんと世界大会でメダルをとったこともあるんですって。
それくらい高機能なシューズが、普通に手に入るってすごいことですよね。
カラーやモデルのバリエーションも豊富なんですが、
これだけの数がそろっているのは、県内ではここだけではないでしょうか。


2人も試着してみました!
周南スポーツの中にはフィッティングしたものを試せるスタジオがあります。

むぎ  :自分の足に合わせてつくられた感じ!
ユリー :軽い!! 気持ちいい!!
三浦店長:足をサポートしたり、走るために快適につくったものなので、
     実感していただいてよかったです。

三浦店長:続いて紹介したいのはインソールです。
ユリー :インソールって、私的にはサイズ合わせのものだと思ってました。

三浦店長:スポーツする人がパフォーマンスをあげるためにも使われますが、
     仕事など日々の暮らしの中で困っている人もサポートします。
     例えば安全靴とか長靴を使う立ち仕事の方は、てきめん違いますね。

ただ、足裏の形はみんな違いますから、インソールの形も違ってきます。
周南スポーツでは、足の形を調べて、その人に合ったインソールを選んでくれます。

むぎ  :同じ靴なのになんか違う!
ユリー :カーブにぴったりフィットしてる!
三浦店長:土踏まずを押し上げてくれるんです。
むぎ  :私は扁平足なので、いつも左足を痛めてたんです。
     これなら普段履きに入れてもいいかも。
三浦店長:インソールを入れ替えれば、どのシューズにも使えます。
     足もとを整えていないと、体のバランスを崩してしまいます。
     怪我の元ですよね。足元から歪みを直して、
     もともと持っているバネとか歩き方、
     立ち方をサポートしてくれるので、ぜひおすすめです。

そしてもう一つのオススメがこちら、ふくらはぎ用のサポーターです。
5本指の靴下型と筒型の2タイプで、どちらも血流促進やむくみの解消を目的としたものです。

 

三浦店長:ふくらはぎは第二の心臓といわれるところで、いろんなメリットがあると思います。
     もともとは医療現場からの声に応えてつくられたもので、
     看護師さんらの疲労を改善したいというのが始まりです。
むぎ  :なんかジャンプできそう!押し上げられる感じ!
ユリー :下からグーッとね!
むぎ  :今回お話を聞いて、スポーツはもちろん普段から足って大切なんだと思いました。
三浦店長:歩いたり走ったりは生活の中で大切なことなので、
     私たちはそれをサポートするのが生きがいになっています。
     困ったらぜひお問い合わせください。

ユリー :ぜひ周南スポーツさんへ!
3人  :お待ちしていま~す!

◆周南スポーツ
 住所:周南市福川南町
 TEL:0834-34-3089