イキイキ!山口

#225『ますます便利になる路線バスを利用しませんか』

路線バスを利用されていますか?



マイカーとは違い維持費がかからずバス停まで歩くことで健康の維持にもつながります。

今回は県内の路線バスで進められている利便性向上のための取り組みをご紹介します。

 

あと何分でバスが来るのかわかる表示。

待ち時間がわかって利用者にはうれしいシステムです。


路線バスの運行状況がわかる「バスロケーションシステム」は現在県内5つのバス会社で導入されています。

また主要なバス停での表示だけでなくインターネット上でも同じように運行状況を確認することができ

大変便利なシステムとなっています。

 

人口減少やマイカー利用の拡大などで路線バスの利用者は減少が続いています。

しかし高齢者の買い物や通院、児童・生徒の通学など

地域の住民にとって路線バスはなくてはならない移動手段であり維持していくことが重要です。

そこで県ではより多くの人に利用してもらえるよう利便性の向上に取り組んでいます。

「バスロケーションシステム」の導入もその1つです

 

交通系ICカードはご存知ですか? 

まずはICカードにお金をチャージしておきます。

そのカードを乗車する際に一度かざします。

 

そして降りるときにかざすと運賃が自動で支払われる仕組みです。

県では今年度からバスへの導入の支援を進めていて

2024年度までに県内全てのバス会社への導入を目指しています。

 いわくにバスでは導入されており今年度中には中国ジェイアールバスとサンデン交通で導入される予定です。