イキイキ!山口

#211 『献血に継続的なご協力を!』

病気やけがの治療に使用される血液製剤を作るために必要な献血。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い健康への不安を感じる方も多いと思いますが、

今、命を救うことができる身近なボランティアとして「献血」が関心を集めています。

 

山口市の「やまぐち献血ルームFor you」では木曜日を除く毎日、献血の受け付けを行っています。

ここでは400mLの献血のほか、必要な成分だけ抜き出す成分献血も行っています。

 今年の2月以降は新型コロナウイルスの感染拡大により企業やイベントでの移動採血車の受け入れ中止が相次ぐなど、

一時的に献血する人が急減した時期がありましたが、

白血病の治療を続けている競泳の池江璃花子さんが3月にSNSで献血への協力を呼び掛けたことや、

各種報道もあり、多くの方が献血に協力しました。

ただ、血液は長期間の保存ができません。

また400mL献血の場合、献血した日から

男性だと12週間、女性だと16週間後でなければ再度献血することができないため、

多くの方の「継続的で長期的」なご協力をお願いしています。

 

やまぐち献血ルームFor youでは新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、

より徹底した感染症予防対策をとった上で献血の受け付けをしています。

来場される際には混雑を避けるためにも、専用Webサイトや電話での予約をお願いします。

また今まで献血をしたことがない方も、ぜひ一歩を踏み出していただければと思います。