イキイキ!山口

#202 みんなで献血!

輸血だけでなく、悪性腫瘍などの治療に使われる血液製剤としても活用される「献血」ですが、
最近、献血にご協力いただく方の減少が深刻化しています。
なかでも、山口県は若い人の献血者数の減少が続いています。

今回のイキイキ!山口では献血についてご紹介します。
この日、下松市では、移動採血車による献血の受け付けに合わせて、
学生ボランティアによる街頭での献血キャンペーンが行われました。
街頭キャンペーンは、献血者の減る冬の時期に、必要な血液を確保することや、
若者をはじめ、広い世代に、献血の重要性を知ってもらおうと展開されています。
県内で献血に協力する人は、年々減少傾向にあり、この5年間で1万人近く減少しています。
中でも、20代、30代といった若い世代では、減少の割合が大きくなっています。
山口県赤十字血液センターでは、移動採血車での献血に加えて、
やまぐち献血ルームFor youを開設し、土日、祝日も献血の受け付けを行っています。
移動採血車では、200ミリリットル、400ミリリットルの献血が、
やまぐち献血ルームFor youではそれに加えて、成分献血をしていただくこともできます。
あなたのちょっとした勇気で救える命があります。
ぜひ献血にご協力ください。