イキイキ!山口

#203 うそ電話詐欺にだまされないで!

県内でもうそ電話詐欺の被害が後を絶ちません。
特に昨年は、高齢者の被害が多く発生しました。
今回のイキイキ山口では、多発している手口の実例と、
被害に遭わないための対策をご紹介します。

県内では昨年、11月末までで57件のうそ電話詐欺被害が発生し、
被害総額は2億1千万円あまりにのぼりました。
一人で6,000万円以上をだまし取られる事案も発生していて、予断を許さない状況です。
一般的に「うそ電話詐欺」と言われていますが、詐欺の手口は電話以外にもさまざまです。
ハガキや封書で「未納の料金があるので連絡しないと裁判を起こす」と不安をあおり、
宅配便などで現金を送らせるという手口もあります。
また最近多い手口として、犯人が実際に被害者宅を訪問し、
直接キャッシュカードをすり替えて盗むというものがあります。

うそ電話詐欺の被害を防ぐのに大切なことは、犯行の手口を知ること、
そして現金を要求されたりキャッシュカードの話題になったときには詐欺を疑い
すぐに家族や警察に相談することです。
警察では相談電話「#9110」も設けていますので、お気軽にご相談ください。

<ご相談・お問い合わせ>
最寄りの警察署 または
警察相談電話「#9110」まで