イキイキ!山口

のイキイキ!山口

#146 やまぐち働き方改革

山口県は、少子高齢化の進行と、若い世代の県外流出の影響で、業種によっては、深刻な人手不足となっています。
そんな中、県では、安定的な雇用の確保や若者の定住促進などを目的に、企業に「働き方改革」を呼び掛けています。
今日は、積極的に働き方改革を進める企業の取り組みをご紹介します。

 

まず県では、県内企業の皆さんのために、「職場リーダー」を育成する講座を実施しています。
講座を受講して、働き方改革のノウハウを身に付けた職場リーダーが、それぞれの事業所で、働き方改革を進めています。
昨年度は22社が受講しました。
職場リーダー養成講座は、本年度も実施します。
これからも多くの企業に働き方改革の輪を広げたいので、講座を受講して、先進的な取り組みを進める企業の実例を広く知っていただきたいと思っています。

 

一方こちらは、県の職場リーダー養成講座を受講するなど、働き方改革に積極的に取り組む、JRCS株式会社です。
こちらの会社では、2008年に工場の敷地内に保育所を設置しました。保育料は毎月2万円と、市内の保育所より安く設定しているので、安心して働けると好評を得ています。
事業所内保育所に加えて、育児休業の取得推進、また、育児のための短時間勤務制度などを充実させて、女性も働きやすい環境の整備に努めています。
ほかにも、年3日の全社員一斉休暇日を設定して、有給休暇の取得の推進を図っています。

 

県では、山口市の新山口駅前に「やまぐち働き方改革支援センター」を設置して、企業や従業員の皆さんからの相談に、ワンストップで対応しています。
アドバイザーが企業へ訪問し、助言や提案を行う「アウトリーチ支援」も行っていますので、ぜひ、積極的にご活用ください。

 

★やまぐち働き方改革支援センター
■電話:083-974-2050
(定休日:土曜日・日曜日・祝日・年末年始)