Jチャンやまぐち

通りへ行こう!どこまでも 美祢市・於福地域 ~後編~

毎週水曜日のコーナー「通りへ行こう どこまでも」。
県内にある様々な通りをぶらりと散策し、地域の魅力を紹介します。

今回は、美祢市於福地域の後編です。
まず訪れたのは、「手づくり 生ういろう」の看板が目印の、和菓子店「おほげつ」。

こちらの生ういろうは、その日に売り切る数しか作らないということですが、
人気も高く、閉店前に、売り切れてしまうことも多いそうなんです。
外郎は、「小豆」「よもぎ」「黒豆」の3種類があり、今回は「黒豆」をチョイス。

大粒の丹波の黒豆が、自家製あんで作られたもっちり食感の外郎に包まれた一品は、
豆、あんそれぞれの優しさある甘さを味わうことができます。
食感や味、風味もしっかりと感じられ、リピーターさんやまとめ買いするお客も多いというのも、
納得です。
続いて訪れたのは、「保美鍛造工場」。

鍛冶職人さんが、包丁や農具の製造、修理を手掛けている工場です。
実は、6年前に伺ったことがあり、久々の再会。
以前は、米国でも商品を売ってもらえるようになったと聞いてお別れしましたが、
現在、豪州での商談が進行中。ご本人も驚きの展開だそうです。
今回も、包丁づくりに一部を見学。1000度以上の熱さを持つ炉で、
鋼などで作った包丁の原型を熱し、ハンマーを打ちつける。何回も繰り返されることで、
厚さが薄くなる一方、強度は増していきます。しかし、強度だけでなく、切れ味も左右するため、
眼差しは真剣そのもの。体に染みついた「良いものを作る」という感覚を
研ぎ澄ましているからこそ、作業時は「無心。何も考えていない」と言われていることが
理解できたような気がしました。

◆おほげつ
住所:美祢市於福町4420-1  
電話:0837-56-0290
営業時間:9時半~17時 (売り切れ次第終了)  
店休日:水曜

◆保美鍛造工場
住所:保美鍛造工場  
電話:0837-56-0416
営業時間:8時~18時 
店休日:土、日曜
※商品は、道の駅おふくで販売中