Jチャンやまぐち

やまぐちの底力 東亜自動車工業

山口市佐山の東亜自動車工業は、
トラックやダンプカーなどの荷台部分を製造し、
中国、四国、九州地方に出荷しています。

メーカーから工場に届けられる車両には荷台はついていません。
東亜自動車工業では顧客の要望に合わせて、1台ずつ荷台を設計しています。

設立は1956年。
宇部市鵜の島町で自動車整備や中古車販売の会社としてスタートしました。
およそ10年後、トラックの荷台の製造に着手すると
瞬く間に業界上位へと上り詰めていきます。

2002年からは国内最大級の自動車といわれる
宇部興産のダブルスホッパートレーラーの荷台の製造を開始しました。

東亜自動車の強みは、どんなに大きな車両でも製造できるということ。
荷台を製造する上で大きな武器となっている設備が
西日本最大規模を誇る大型電着塗装設備です。
長さ10メートル、幅2.5メートル、
深さ2.5メートルという大きさの槽に荷台を丸ごと浸けて
錆を防ぐ塗装をしていきます。

塗料の中に丸ごと浸けることで、
ボディーの裏面や狭隘な箇所など隅々まで確実に均一に
下地塗装をすることができるのが、電着塗装の利点です。

こうして作られるのが、1台ずつ丁寧に作りあげる自社ブランド
「TOA BODY」と呼ばれる荷台です。

顧客から根強い支持を受け、荷台の製造を待つ車両は
敷地内だけでもおよそ60台あり出荷は5か月待ちとなっています。

上木実社長は「和協一心をポリシーとして、
お客様のいろいろな思いに応えられるような知識だったり技術だったり
製造力をもってお客さんに寄り添った運営をしていきたい」
と話していました。

【問い合わせ】
東亜自動車工業株式会社
住所 山口県山口市佐山字村山1番9
ホームページhttp://www.toabody.co.jp/
電話083-988-1711