Jチャンやまぐち

のJチャンやまぐち

1月28日のJチャンやまぐち

各駅下車散歩 宇部線 必ず各駅で列車から降りて、その駅周辺を散策してみようというこの企画、前回に引き続き、宇部線・床波駅で各駅下車散歩してきました。 写真1 前回、お邪魔した「三井酒舗(みいしゅほ)」さん。江戸時代初期からの古い蔵が今も残っているということで、見学させていただくことになりました。 写真2 床波の高台にあったお宅はとても立派なもので、ビックリ!そのお宅の裏にあったのが、1668年の創業当時からある酒蔵。 写真3 写真4 その空間の広さや、天井の高さ、梁の立派さには驚き!何度か修復されているそうなんですが、創業当時からの柱も残っていました。 現在は他の蔵に酒造を委託しているのですが、1963年(昭和38年)までは、お酒を造っていたそうで、大きな木製の酒樽や道具などが、たくさん残っていました。 写真5 その蔵から外に出ると、高台ということもあり、遠くには瀬戸内の海が!現在、大きく 埋め立てられていますが、以前は真下まで海だったそうで、とても眺めがよかったのだそうです。 写真6 写真7 しかも、この海沿いの斜面には、見事な石垣が組まれており、ビックリ! この石垣、左半面は修復されていますが、右半分は創業以前のものともいわれており、その石の組み方には歴史の深さを感じました。 写真8 この石垣に波が打ち寄せるようすが銘柄「濤乃花(なみのはな)」の由来なのだそうです。 この後、さらに床波駅周辺を散策したのですが、そのようすは次回2月4日(火)に放送します!お楽しみに!