Jチャンやまぐち

通りへ行こう 美祢市秋芳町~前編~

毎週水曜日のコーナー「通りへ行こう」。
県内にある様々な通りをぶらりと散策し、地域の魅力を紹介します。

今回は、秋芳梨の旬を迎えた、美祢市秋芳町を歩きます。
秋芳梨の品種は「二十世紀」。
この品種では、県内最大の産地です。

しかし今年は、暖冬の影響で花が上手く開花せず、
収穫量が前年より1割程度減少。
梅雨明け後は天候に恵まれ、糖度の高いナシが出来ました。

選果場のある秋芳梨生産販売協同組合を訪ねたところ、午前中で直売の梨が完売。
新型コロナによる外出自粛ムードの反動もあってか、
お客さんの購買意欲が例年より高いそうで、
梨を供給出来ない場合は臨時休業をしているそうです。
観光の梨狩りも休園していますが、それでもお客さんは多いそうです。

≪おいしい梨の見分け方・食べ方≫

▽二十世紀梨は、青みのある皮に黄色い模様が入る「トラ熟れ」の状態が食べごろ。
シャリシャリとした食感、甘みも充分味わえる、一番の食べ頃です。
▽食べる1時間前に冷やすと、おいしい甘みを味わえます。
冷やし過ぎると甘みを感じにくい状態になるそうです。


また、秋芳梨の時期を過ぎても、12月頃までいろんな梨が出ています。
永嶺農園さんでは、10月に旬を迎える「新高」を使い
年中、ナシを楽しめるようシャーベットを開発しました。

香り高く、舌触り滑らかな完熟にこだわって作られたシャーベットは、
まさにナシの良さを封じ込めた味。
果肉入りなので、贅沢感も味わえます。
現在、売り切れてしまったらしく、新高梨が取れる10月中旬以降にまた販売が始まる予定。
別府弁天池近くの秋芳名水特産品直売所と、直売所みとうの2カ所で販売されます。


◆秋芳梨生産販売協同組合
住所:美祢市秋芳町別府3639
電話:0837-65-2221
営業時間:8時半~17時 (梨不足の場合、直売所の営業短縮や臨時休業あり)