Jチャンやまぐち

のJチャンやまぐち

2月4日のJチャンやまぐち

各駅下車散歩 宇部線 必ず各駅で列車から降りて、その駅周辺を散策してみようというこの企画、 前回、前々回に引き続き、宇部線・床波駅で各駅下車散歩してきました。 写真1  写真2 写真3 歴史ある街並みを散策した前回までとは、打って変わり、 駅からの道と交差する、現代の床波のメインストリートを散策すると、 みつけたのは、おむすびとお茶漬けの専門店「米手(こめて)」さん。 写真4 店主:児玉佐知子さんの祖母は1960年(昭和35年)に、 おむすび・お茶漬け専門店「一茶(いっさ)」を宇部市新天町で創業。 母が引き継ぎ、2010年まで50年間営業していたのだそうです。 その味を復活させようと、2012年10月に地元:床波に児玉さんが「米手」を開店。 写真5 写真6 「一茶」でお店を手伝っていた経験を生かし、 新メニューを取り入れつつ、親子3代続くやさしい味を提供しています。 写真7 驚いたのは、専門店というだけあって おむすびの種類が全部で21種類!(全品1個150円) 梅干しや昆布など、スタンダードなものもあるのですが、フグや天かす、バターといった変わり種もたくさん! 写真8 写真9 祖母の代から、店の人気メニューというバターをいただいたのですが、 溶けたバターがごはんに絡み、とても美味しかったです!   また、「贅沢むすび」としてラインナップしていたのが、キャビアと山口宇部牛! 以前、山陽本線・宇部駅で各駅下車散歩した時に出会った山口宇部牛と ここで再会するとは驚きでした!(2011年6月21日放送分:http://www.www.yab.co.jp/archive/jc.html写真10 これも肉汁がたっぷりで、ごはんと絡み、とても美味しかったです。 「贅沢むすび 地元宇部牛のヒレ肉むすび」1個350円 3回にわたりお伝えしましたが、最後はおいしいお店を見つけた床波の各駅下車散歩でした~!   ★米手 ■所在地:山口県宇部市床波2丁目5-23 ■営業時間:午前11時~午後2時 午後5時~午後10時 ■定休日:日曜・祝日 ◇お問い合わせ ■電話:0836-51-5599 次回2月11日(火)は宇部線・常盤駅で各駅下車散歩したようすを放送します!お楽しみに!