Jチャンやまぐち

10月31日のJのオススメ

10月31日のJのオススメ しろカフェ ウサギに見立てた可愛い看板

~月1ランチめぐり~

★しろカフェ ■住所:周南市須々万奥686 ■電話:090-5292-6305 ■営業時間:午前10:00~午後5:00 ■定休日:火曜日、不定休あり ■駐車場:4台   本当にここがお店なの???と思ってしまうような普通の民家に見えますが・・・ そこに「しろカフェ」はあります。 「しろ」の文字をウサギに見立てた可愛い看板が目印です。 手作りでリフォームしたという店内は、センスよく飾られ、 温もりの感じられるくつろぎの空間になっていました。   「秋のお昼ごはんセット 1000円」 ナッツとマロンのクリームペンネがメイン、秋の味覚が堪能できるランチセット。 東京でパティシエとして働いていた店主の清水さんならではのメニューです。 洋なしがふんだんに使われたタルトは、も~絶品☆   「土日祝日限定ランチセット 850円」 こちらはトマトチーズリゾットですが、オムライスやカレーのときもあります。 テイクアウトできる焼き菓子も人気で、多いときは10種類くらいあるそうです。 お店の中はいつも焼きたてスイーツのあま~い香りでいっぱいでした。

 

●伊藤明日香の感想● 周南市須々万。本当にこんなところに、ランチのお店が・・・ のどかな山の中にある一軒家 “しろカフェ”   お店を1人で切り盛りする、清水さん。 お菓子作りが好きな女の子が夢を叶え、パティシエに。 お昼時になると、20席ほどのお店はあっという間にいっぱいに。 でも、慌てない。 たまに手伝ってくれるという、清水さんのお母さんがテキパキ働く横で、 ゆったりと丁寧に仕事をする清水さん。 1品1品の料理を丁寧に、それが1人1人のお客を大切することにつながっているよう。 おばあちゃんも、赤ちゃんも、にっこり笑顔。 お店の雰囲気・料理・清水さんのおだやかな話し方全てに癒される 隠れ家カフェでした みんなに教えてしまうのが、惜しいなぁ。。。www 10月31日の伝えるつながる 周南市福川「とっくり沢庵」 周南市西部で100年以上前から作られてきたとっくり沢庵。 酒を入れる「とっくり」とよく似た形の大根、「とっくり大根」を漬けたもので水気の少ない土で育つからこそ出てくる、パリパリとした食感とコクのある味わいが人気です。 一時は生産量が減っていたとっくり大根ですが、16年前から県が伝統野菜として掘り起しに着手し、3代目の農家、田中栄作さんと敬子さん夫妻が中心となって復活。今は福川地区だけで生産されています。 9月に植えた種を12月に収穫し、天日干し。その後さらに9か月間漬け込みます。先代がやっていたようなシンプルな材料で漬け、昔ながらの味を大切にしています。 天日干しや、20kgもある漬物石の上げ下ろしは大変な作業で、農家の高齢化によって、今では生産者は2軒に減りました。 それでも田中さんは、小学校に種を分けてとっくり大根の作り方、沢庵の漬け方を教えるなど、伝統の味を守り続けています。