Jチャンやまぐち

のJチャンやまぐち

1月5日のJチャンやまぐち

まんぷく地元食堂(宇部市 月待ちがに)


まんぷく地元食堂(宇部市 月待ちがに)
毎週月曜日にお送りする「まんぷく地元食堂」!
プロの料理人が新鮮な食材を求め県内外を飛び回り、旬の食材を紹介します。
新年初回の放送は、宇部市の「月待ちがに」をご紹介します。

丸尾漁港
写真1

月待ちがに
写真2

宇部市は、瀬戸内海最大の「月待ちがに」の水揚げ量を誇ります。
月待ちがにとは宇部市近海でとれるワタリガニのことで、満月ごとに脱皮をし成長することから、その名がつけられました。卵をもっている冬場が旬の食材です。

食材を探す2人
写真3

かにを買い占める高木シェフ
写真4

新年初回の放送ということで、豪華な食材を探し求めて丸尾漁港にやってきた楢崎アナウンサーと中山シェフの2人…
丸尾漁港では、8:00頃から朝市が開かれており一般の方でも新鮮な食材を購入することができます。(日曜祝日を除く)
旬の食材「月待ちがに」を購入しようとした2人でしたが、なぜか売り切れ状態に…。「あの人が買い占めていきましたよ」というお店の方の指の先には、なんと!
かにを両手に満面の笑顔の高木シェフの姿が。

せりの様子
写真5

月待ちがに
写真6

丸尾漁港では、毎朝せりが行われています。
そこで、2人は仲買人の高井修さんに今回の食材「月待ちがに」を落札してもらうことに…
丸尾漁港のセリは下げ競りといってセリ人が提示した金額に対し、仲買人が希望の金額を指で下げて、値段のよきところで取引が成立します。
勝負は一瞬でした…他の仲買人より先に高井さんが月待ちがにを落札し、無事食材をゲットしました。
来週は、月待ちがに漁師さんの元を訪ねます。