Jチャンやまぐち

のJチャンやまぐち

1月26日のJチャンやまぐち

まんぷく地元食堂(宇部市 月待ちがに)


まんぷく地元食堂(宇部市 月待ちがに)

毎週月曜日にお送りする「まんぷく地元食堂」!
プロの料理人が新鮮な食材を求め県内外を飛び回り、旬の食材を紹介します。
2週に渡って放送してきました、「宇部市の月待ちがに編」も今週でラストです。
ついにフレンチの中山シェフが月待ちがにを料理します。

月待ちがに
写真1

フレンチの中山シェフ
写真2

宇部市の近海でとれる「月待ちがに」は4月頃まで食べられる今が旬の高級食材です。
今回、月待ちがにを使った料理をフレンチ料理人の中山シェフが2品作ります。

月待ちがにのグラタン
写真3

月待ちがにのグラタン(5人前)

〈材料〉
・月待ちがに   5杯
・たまねぎ    1/2個
・ゆで卵     4個
・マッシュルーム 6個
・生クリーム   200㏄
・ホワイトソース 100g
・白ワイン    200cc
・バター  30g
・チーズ  適量

〈作り方〉
1.かにを8~9分ボイルする。
2.ボイルしたかにの身をほぐしておく。
3.たまねぎ、マッシュルーム、ゆで卵を角切りにする。
4.バターでたまねぎと、マッシュルームをしんなりするまで炒める。
5.ほぐしたかにの身を入れ、白ワインを入れて煮詰める。
6.生クリームを入れてさらに煮詰める。
7.つなぎとしてホワイトソースを加える。
8.かにの甲羅に具を詰める。
9.チーズをふって、バーナーで焼き目をつけて完成。
(※家庭用オーブンの場合は、チーズに焦げ目がつく程度焼く)

月待つがにのスパイシー焼きエスニック風
写真4

月待ちがにのスパイシー焼き エスニック風(5人前)

〈材料〉
・月待ちがに     5杯
・にんにく      4欠
・鷹の爪       4本
・オリーブオイル   適量
・ハチミツ      適量
・ケイジャンスパイス 適量
・白ワインビネガー  適量 (レモンでもOK)

〈作り方〉
1.かにを8~9分ボイルする。
2.ボイルしたかにを食べやすい大きさにカットする。
3.多めのオリーブオイルに、ニンニクと鷹の爪を加え香りが出るまで火にかける。
4.かにを加え炒める。
5.ハチミツとワインビネガーをお好みの量加え、さらに炒める。
6.仕上げにケイジャンスパイスをふりかけて、完成。

試食風景
写真5

月待ちがにの濃厚な味をうまく料理した2品に漁師の高井さんも大絶賛していました。
寒い季節にピッタリな料理なのではないでしょうか…
みなさまもぜひご家庭で料理してみてください。