Jチャンやまぐち

のJチャンやまぐち

7月14日のJチャンやまぐち

各駅下車散歩 山口線 総集編


各駅下車散歩 山口線 総集編

必ず各駅で列車から降りて、その駅周辺を散策してみようというこの企画。

先週の終点、新山口駅を終え今回は、山口線の総集編となります。

山口線は、おととし4月に島根県の益田駅を出発しましたが、同年7月の山口・島根豪雨の被害により、津和野~地福駅間の一部区間が不通に。山口線での散策も一時中止になりました。

そして、去年8月の全線開通に合わせ、津和野町の青野山駅から再スタートです。

写真1 写真2

■豪雨被害を乗り越え

青野山駅周辺で1年ぶりにお会いした、お茶栽培をする田中さん。

豪雨被害を受けた茶畑は、ボランティアなどの手により復旧し、「水害に負けない奇跡の沸活茶」ができました。

写真3 写真4

また、鍋倉駅周辺の大庭りんご園は、リンゴの木や周りの家も流され一時はリンゴ栽培を諦めたそうですが、「お年玉を未来のリンゴのために役立ててください」という子どもの手紙に園の再開を誓ったと言います。

写真5 写真6

■ナイスなひと声

地福駅周辺で出会った幼い光輝君。

大好きな電車の写真を見つけ、「ポ」を連発。無邪気すぎる姿にほっこりしました。

写真7

また、徳佐駅周辺の「あ」。

看板の字のモデルづくりで「あとう」の「あ」が余り、外壁に取り付けてしまったというご主人のナイスなアイデアでした。

写真8 写真9

■面白い食べ物

名草駅周辺の伊藤さんと言えばこの柿。

「テレビで柿をブランデーに漬けたら良いって言いよったそ」と甘くなりつつある柿を見せてもらいました。漬けて3日目の味は…、まだ渋かった…。

写真10

また、篠目駅周辺にある「自然のまんま屋」では、地元で捕ったイノシシを使った「ししロッケ」100円がユニークでしたよね。

写真11

■生涯現役

大歳駅近くで、笑い声に誘われ入った「ビューティケア・山口かがやきサロン」。

高齢者が気軽に立ち寄れる場所で、皆で大笑い、笑顔広がる素敵な場所でした。

写真12 写真13

また、新山口駅近くの大村時計めがね店の時計職人、大村さんの「どこも直せない時計を持ってきたと言われたら闘志がわく」という職人魂にはほれぼれしました。

写真14

まだまだ、たくさんの思い出があり紹介しつくすことができませんが、山口線周辺の皆様、お世話になりました。

次回からは美祢線です。お楽しみに!