Jチャンやまぐち

のJチャンやまぐち

10月6日のJチャンやまぐち

各駅下車散歩 美祢線於福駅(2)


各駅下車散歩 美祢線於福駅(2)

必ず各駅で列車から降りて、その駅周辺を散策してみようというこの企画。

先週に引き続き、美祢線於福駅周辺を散策します。

前回の美福製材所の社長さんに「この建物レトロでしょ」と教えてもらった会社の事務所。

写真1

しかし、社長さんは仕事の約束があるためお別れすることとなり、奥さまに事務所について聞いてみることになりました。

写真2

事務所は建築してから60年近く経つそうですが、社長が昔の小学校のような趣ある雰囲気を壊したくないと家具なども含めて大切に使っています。

例えば、イスにもなる台はなんとパレットを再利用し、社長が作ったそうです。

写真3 写真4

パレットの廃材は、風呂の薪として使われる需要もありますが、手作りの台には「燃えてなくなるのではなく、何か別の物として残したい」という木材に対する社長の優しい思いが詰まっていました。

パレットの世界って、結構奥深いものですね。

写真5

さて、美福製材所を後にして歩いていると、渋い看板を発見。

「保美鍛造工場」と掲げてあり、この道40年の鍛冶職人、保美さんが出迎えてくださいました。

写真6 写真7

祖父から3代続くこの工場では農具の鎌やくわ、包丁など刃物を中心に製造し、商品は近くの道の駅「おふく」で販売しています。

観光で立ち寄った人が購入し、リピーターとしてまた来てくれることもあるそうです。

その保美さんに、この春転機が訪れたとか。

なんと、アメリカでの包丁販売の話が舞い込み、試験的にサンフランシスコで売られることになったそうです。

保美さん自身もこの展開に「驚いている」とのことでしたが、人生何が起きるかわからない!

とても穏やかな語り口の保美さんですが、職人魂は燃え盛っていました!

写真8 写真9 写真10

次回は重安駅です。お楽しみに!

★保美鍛造工場

■住所:山口県美祢市於福町古屋

■電話:0837-56-0416