Jチャンやまぐち

のJチャンやまぐち

12月8日のJチャンやまぐち

各駅下車散歩 美祢線四郎ヶ原駅(1)


各駅下車散歩 美祢線四郎ヶ原駅(1)

必ず各駅で列車から降りて、その駅周辺散策してみようというこの企画。

今回はJR美祢線の四郎ヶ原駅周辺を歩きます。

写真1 写真2

四郎ヶ原駅を降り立つと、広がるのは緑の山々。

写真3 写真4

駅の玄関口にも、巨木がそびえ立ち、とてものどかな場所に来たことがわかります。

駅を出ると、ちょうど年配の女性に出会いました。

地域のオススメ場所を聞くと、昔は近くに炭鉱があり活気があったそうですが、現在は「田舎だからない」。

困って辺りを見回してみると、ちょっとおしゃれな白い建物が見えたので、そのことについて聞いてみると「木彫りが飾ってあって、さっきそこの岡さんと話してきた」とのこと。

早速、行ってみることにしました。

建物に近づくと確かに「木彫り展示ハウス」と書かれていて、すぐそばには岡さんの家がありました。

写真5

早速、木彫り作品を鑑賞させてもらうことにしました。

展示ハウスには、緻密に彫られた木彫りのレリーフが所せましと飾られていて圧倒されます。

写真6 写真7

ご主人が、退職後の65歳から20年間、独学で彫った作品だと言います。

「1つのことに突き進む人。ごまかしはしない」という奥さんの言葉どおり、原爆ドームや瑠璃光寺五重塔など、細部の細部まで丁寧に彫られていました。

これらの作品73点は、一カ所できちんと保管してもらえるよう、美祢市に寄贈したそうです。

しかし、これだけでは終わりませんでした!

写真8 写真9 写真10

実は、奥さんも細密な彩りを操るちぎり絵作品を制作されていました。

お互い干渉し合うことなく、それぞれこつこつと制作に励んでいたそうですが、金婚式の時には、「感謝」と彫られた木彫りの金メダルがご主人からプレゼントされたとか。

これは、家事をしながら制作に取り組む妻への「感謝」だけでなく作り手としての励ましもあったのかもしれません。

さて、次回も四郎ヶ原駅。旧街道を歩きます。

お楽しみに!