Jチャンやまぐち

のJチャンやまぐち

12月13日のJチャンやまぐち

ちょっと聞いてよ! #10 ロシア文化に親しもう編


ちょっと聞いてよ! #10 ロシア文化に親しもう編

日々の暮らしをより楽しく、快適に過ごせるような情報をお届けするこのコーナー。

今回は長門市で開かれる日ロ首脳会談に合わせテーマは「ロシア文化に親しもう」です。

ということで、ロシアの文化を知ってもらおうと活動している市民団体、山口日露交流クラブの会長を務めるエカテリーナさんを訪ねました。

エカテリーナさんの山口での暮らしは10年以上。

12月と言えばクリスマスシーズンということで、「ロシアのクリスマス事情を教えてほしい」とお願いすると「ロシアの12月はクリスマスシーズンではない」という意外な一言。

では、いつクリスマスが来るのかというと「1月7日」だそうです。

これは旧暦を使っていた頃の名残で、新年から旧歴の正月に当たる14日までロシアのまちは一気に盛り上がります。

クリスマスツリーは大みそかごろから飾り始めることもあり、「ニューイヤーツリー」と呼ばれるということ。

サンタさんは大みそかにやって来るため元日は特に大盛り上がり、友達や家族で集まりパーティーを開くと言います。

ただ、日本のようにお年玉文化はありませんよ!

1

2

しかし、日本になじんでいるロシア文化ももちろんあります。

おなじみのマトリョーシカはもちろん、イクラ、カチューシャはロシア語。

世界的に有名なクラシック音楽やロシア文学も多くあるため知らないうちに、皆さんもロシア文化に触れ合っていると思いますよ。

「領土問題などもあり、ロシアは怖いというイメージを持つ若年層が多いのではないか」とエカテリーナさんは言います。

しかし「文化を知ることで、温かい雰囲気のロシアも理解してほしい」とおっしゃっていたことが印象的でした。

3 4