Jチャンやまぐち

のJチャンやまぐち

4月4日のJチャンやまぐち

やまぐち食探訪 そば寿し


やまぐち食探訪 そば寿し
山口市の観光名所、瑠璃光寺の近くにある東京庵香山店。

 

写真② 外観

 

東京にあったそば屋が関東大震災で被災した際、先代が山口県出身の職人を湯田に連れて帰り、店を開いたのが名前の由来だ。

老舗そば屋で代々受け継がれている名物料理が、そば寿し。

 

写真④ ゆであがったそば

 

寿司という名前だが、使われているのは米でなくそば。

そばがそのまま巻かれているそば寿しを酢が少し入ったつゆにつけて食べる。

そばの味が広がった後、巻かれた玉子や、しいたけの味がしっかりと伝わってくる。

 

写真① そば寿し

 

そば寿しが誕生したのは、4代目の藤村恒久さんの父親の代。

1963年に開かれた山口国体の際、当時の県知事をしていた橋本知事に「何か山口名物を作ってほしい」と言われたのがきっかけ。

藤村さんは「昔づくりをそのままに。そば寿しだけは、メニューから外さないで、ずっと続けていく」と語る。

 

写真③ 店主 藤村恒久さん

 

息子の信明さんは「受け継いできたそば寿しを自分なりのものにしていく」と語る。

父から受け継いだ味は、子に受け継がれ東京庵の名物として続いてく。

 

◆問い合わせ先

★東京庵香山店

■TEL:083-920-7575