Jチャンやまぐち

のJチャンやまぐち

5月10日のJチャンやまぐち

ちょっと聞いてよ! #29 冬物衣料収納テクニック編


ちょっと聞いてよ! #29 冬物衣料収納テクニック編
日々の暮らしをより楽しく、快適に過ごせるような情報をお届けするこのコーナー。
今回は、衣替えシーズンを前に、冬物衣料の収納テクニックを整理収納アドバイザーの三浦さんに教わりました。

 

一番簡単なのは、タンスを夏物用と冬物用に分け、どの服も、年中取り出しやすく、また片付けやすい状態にしておくこと。

 


そうすると、季節の変わり目でも、無理やり直していた服を引っ張り出すこともなくなります。
しかし、住宅事情から「タンスを2台も3台も置けない」という方も多いはず。
そこで、収納ボックスを使ったダウンコートなどの収納方法を教えてもらいました。

 

・ダウンコート

 

 
(1)縫い目がある場合は裏返し、袖を内側にしてたたみましょう。
(2)少し丸めて筒状の洗濯用ネット、もしくは扇風機のネットの中へ入れます。

 

・フード付のダウンベストやコート

 

 
(1)袖を内側にたたみ、胴体部分を裾からフード方向へ丸めます。
(2)そして、丸めた部分をフードの中へ入れます。
(3)フードから胴体部分が飛び出しそうな場合は、こちらも扇風機のネットを使うと良いですよ。

 

・ダッフルコート

 

 


(1)フード付きの場合は、フードの中に折りたたんだフェイスタオルをいれ、胸の方へ折りたたみます。
(2)そのフードを抱きかかえるように袖を折りたたみ、その下に丸めたタオルを置きます。
(3)タオルを包込むように上部から折りたたみ、裾から胴体の方へたたむ時に出来る折り目あたりに丸めたタオルを差し込みます。

 

収納ボックスに入れるときは重さのあるものから入れ、上に乗せた防虫剤の効果が下の衣類まで届くように、隙間を作り出す収納をこころがけましょう。