Jチャンやまぐち

のJチャンやまぐち

5月24日のJチャンやまぐち

ちょっと聞いてよ! 梅雨に要注意!小児ぜんそく


ちょっと聞いてよ! 梅雨に要注意!小児ぜんそく

日々の暮らしをより楽しく、快適に過ごせるような情報をお届けするこのコーナー。

今回は、梅雨に要注意・小児ぜんそくというテーマで、山陽小野田市の山口労災病院、小児科部長で医学博士の田代紀陸先生にお話をうかがいました。

(1)ぜんそくは、子どもの患者数が、圧倒的に多い。

(2)梅雨の時期に、ぜんそくが悪化すると、秋まで長引いてしまう。

(3)ぜんそくは、早めに見極めて治療に取り組まなければいけない。

(4)ぜんそくの発作時は、気管支が腫れて、呼吸が苦しくなる。

(5)最近は、呼気NO検査によって、ぜんそくかどうかを簡単に見極めることができる。

〜ぜんそく患者の呼気には、NO(一酸化窒素)が多く含まれることから〜

(6)ぜんそく治療には、ステロイド吸入薬が有効。

〜副作用を心配する必要はないので、発作の出てない時も服用することが大切〜

(7)ぜんそくは、早めにみつけて、根気強く治療に取り組むことが大切です。

★山口労災病院

■住所:山口県山陽小野田市大字小野田1315-4

■電話:0836-83-2881