Jチャンやまぐち

のJチャンやまぐち

2月28日のJチャンやまぐち

道の駅へ行こう 道の駅あいお 〜後編〜


道の駅へ行こう 道の駅あいお 〜後編〜

県内の道の駅を巡る「道の駅へ行こう」。
今回は、山口市南部にある「道の駅あいお」の後編です。

秋穂地域の特産と言えば、クルマエビ。ですが、
秋穂通の方は、100年以上の伝統を誇る
銘菓「秋穂饅頭」を思い浮かべられたかもしれません。

地元の方によると、法事などの手土産にも使われる、地域に根付いた和菓子です。
白あんをふわりとした生地で包んだ、丸いお菓子には、
お遍路さんなど秋穂を象徴する焼印が押されています。

しかし、このお菓子、高齢の職人さんが去年の秋、倒れられたため
数カ月の間、空白の時期がありました。
その空白を取り戻すように、急きょ
製造に携わったのが、20代前半の渡壁さんです。

渡壁さんは、東京の製菓専門学校で和菓子を学び、在京のまま和菓子店に勤務。
就職して一年半経ち、和菓子店が閉店してしまい、Uターン。
その時、秋穂饅頭の事業を引き継ぐ話が持ち上がり、
「地元の名が付いたお菓子を残したい」と今春くらいから動き出す予定でした。
計画が繰り上げられたため、12月に加工所が完成した後は、
手さぐりで秋穂饅頭を試作。
作っては地元の人に食べてもらい、「皮が硬い」などの課題をもらいました。
12月からの1カ月、試行錯誤の日々でしたが、
1月からは「菓秋やませ」をスタート、
今月のお披露目会では、試食してもらっていた方々から合格点をもらいました。

若い力で、繋げられた伝統。
ぜひ、道の駅でご購入ください。

★菓秋やませ
■電話:083-984-2304 (山世水産)
秋穂饅頭
10個入り 470円、6個入り 290円 (税込み)