Jチャンやまぐち

のJチャンやまぐち

4月11日のJチャンやまぐち

道の駅へ行こう 道の駅萩往還・後編


道の駅へ行こう 道の駅萩往還・後編
県内の道の駅を巡る「道の駅へ行こう」。
今回は萩市の道の駅 萩往還の後編です。
前回は、ちょっぴりリッチな気分を感じられる商品をご紹介いただきましたが、
まだまだあります!
萩のこれからの旬と言えば、甘夏や夏みかん。
しかも、道の駅には、木箱に入った甘夏を見つけました。

 

 

そこで、今回はこの高級な甘夏を作っている「萩耐久社」を訪れることに決定。
現在は、萩夏みかんセンターを拠点とされています。
この会社は、志を高くして夏みかんの振興を図ろうと、
明治時代、夏みかんの普及に尽力した小幡高政が設立した会社「耐久社」に因んで
名前を付けたそうです。

 

訪れた時は、これから実を太らす夏みかんの畑を見せてもらいました。

 

 

「魂を込めて作っています」ということで、
どの木もたわわに実っています。
年間約5トンを収穫するそうですよ。
この日は、甘夏と夏みかんの食べ比べをさせていただきましたが、
どちらもスッキリした爽やかな味。
甘酸っぱい中でも、甘みが欲しい方は甘夏を、酸味が好きな方は夏みかんを
好まれるんだろうなと思いました。

 

来月には、市内のかんきつ公園で、収穫体験をされるということで、
萩の初夏を、夏みかんや甘夏の収穫を通して、感じてみてはいかがですか?

 

 

 

★萩耐久社(萩夏みかんセンター内)
■住所:萩市椿東4860
■電話:0838-22-2474