Jチャンやまぐち(22年4月~)

のJチャンやまぐち(22年4月~)

通りへ行こう 下松市笠戸島~前編~

毎週水曜日のコーナー「通りへ行こう」。
県内にある様々な通りをぶらりと散策し、地域の魅力を紹介します。

今回は、下松市笠戸島の前編です。

笠戸島と言えば、特産・笠戸ひらめを養殖している小さな島。
その特産を育てている、下松市栽培漁業センターへ行って来ました。
同センターは、4月にリニューアルオープンし、
一部が、魚とふれあえる体験型施設になりました。

一番の目玉は、小さなお子さんも大人も魚と楽しめる
日本最大級のタッチングプール。

地元の漁師さんが採ってきたサバやイシダイなど、
近海の魚12種ほどが、浅いプールの中を泳いでいます。
子どもたちは、その魚を追いかけ楽しんでいて、大盛況だそうです。

そして、笠戸ひらめへのエサやり体験も出来ちゃいます。

砂に紛れてひっそりと暮らすイメージが強い、ヒラメ。
そのヒラメに餌をまくと、餌をめがけて飛びはねてやって来ます。
さっそうと泳ぐその勇姿に、ある意味感服。
また、職員さんによる、ヒラメのさばき方教室も開いているそうで、
体験させてもらいました。
金たわしを使ったウロコ取り、ステーキナイフを使ったおろし方など
分かりやすく丁寧に教えてもらえます。

笠戸ひらめは、身が締まって、さっぱりした脂のうまみ、歯ごたえも最高!
センターでは、締めた笠戸ひらめを販売しているので、
ご家庭でさばいてお刺し身を楽しんでみてはいかが?

◆下松市栽培漁業センター
住所:下松市笠戸島456-8  
電話:0833-52-1333
開館時間:9時半~16時半  
休館日:火・水曜(祝日と重なる場合は振り替え)、1/1~7
笠戸ひらめの販売は、1尾の重さで異なります。
1尾500g 1700円~(税込)。