山口市活断層問題・追加ボーリング実施へ

  山口市役所の建て替えを巡る活断層問題について市は来月にも追加のボーリング調査を行う方針を固めました。
 山口市は今の本庁舎と同じ場所で新しい庁舎の建て替えを計画しています。整備区域付近には活断層の存在が指摘されていましたが、市は2019年「活断層はない」とする調査結果を発表しました。ところが今年3月、活断層に詳しい山口大学大学院の金折裕司元教授らが調査結果を再検証する第三者委員会を設置するよう市に要請しました。金折元教授らは、2020年から2021年にかけて市が行ったボーリングの結果と2019年の調査結果には多くの矛盾点があり「活断層はない」とする根拠は失われていると主張しています。
 要請を受けた市は活断層の再調査を行うことを決め、来月、追加のボーリング調査を実施する方向で最終調整を行っているということです。調査は2019年の調査を委託した山口大学に再び委託することにしています。金折元教授は「ボーリングの位置や規模は活断層の有無の判定に極めて重要。どういう形で追加のボーリングを行うのか市民に分かるよう公開すべき」と話しています。

UPDATE:2022-05-13

他の記事はこちら

【山口】誤振り込み問題・容疑者側は民事裁判で一部認諾

阿武町の4630万円の誤振り込み問題で、田口容疑者側は、請求のうち、弁護士費用等を除いた4630万円の支払いに応じる考えであることが分かりました。阿武町は、今月12日、誤って振り込んだ4630万円と弁護士費用など、合わせて5116万円の支払いを求める訴えを地裁萩支部に起こしました。田口容疑者の民事での代理人弁護士によりますと田口容疑者は、阿武町の請求のうち4630万円については認めましたが、弁護士費用など486万円分については、裁判で争うとしています。これにより、田口容疑者は、4630万円分については、支払い義務が生じることになります。

【山口】阿武町の誤振り込み、容疑者を送検

まずは阿武町の4630万円問題です。おととい逮捕された24歳の男、2日経ったきょう山口地検に身柄が移されました。☆浅野航平アナウンサー:「午前8時25分です。田口容疑者を乗せたと思われる車が姿を現しました。車の中はちょっとここからは様子、確認できません。山口南警察署を後にします」阿武町福田下の無職田口翔容疑者、きょう、山口地検に身柄が移されました。警察によりますと田口容疑者は阿武町から新型コロナ対策の給付金として4630万円が誤って振り込まれたと知りながら、スマートフォンを使って決済代行業者の口座に400万円を振り替えた疑いがもたれています。そして午後にはさらなる動きが・・・☆井上隼記者:「阿武町にある田口容疑者の自宅です。捜査員が列をなして、中へと入っていきます」阿武町にある田口容疑者の自宅に警察が家宅捜索に入りました。警察の調べに対して田口容疑者は「オンラインカジノで使った」として容疑を認めているということです。田口容疑者の口座からは振込ミスについて町から説明を受けた先月8日から11日間で34回に分けて振り込まれたほぼ全額が出金されています。田口容疑者の弁護士によると田口容疑者はオンラインカジノで「全額使った」と説明していて阿武町に全額返済する意思を示しています。一方、町は田口容疑者に全額返済を求めて山口地裁萩支部に提訴しています

【山口】山口県阿武町4630万円振込ミス 容疑者を送検

山口県阿武町から誤って振り込まれた4630万円を別の口座に振り替えたとして電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕された24歳の男の身柄が山口地検に送られました。「午前8時25分です。田口容疑者を乗せたと思われる車が姿を現しました。車の中はちょっとここからは様子確認できません。山口南警察署を後にします」電子計算機使用詐欺の疑いで送検されたのは、山口県阿武町福田下(ふくだしも)の無職 田口翔(たぐちしょう)容疑者です。警察によりますと、田口容疑者は山口県阿武町から新型コロナ対策の給付金として4630万円が誤って振り込まれたと知りながらスマートフォンを使って決算代行業者の口座に400万円を振り替えた疑いがもたれています。警察の調べに対し、田口容疑者は「オンラインカジノで使った」などと話していて容疑を認めています。田口容疑者は振込ミスについて町から説明を受けた今月8日から11日間で34回に分けて、振り込まれたほぼ全額を自身の口座から出金していたことがわかっています。田口容疑者の弁護士によると田口容疑者はオンラインカジノで「全額使った」と説明していて山口県阿武町に全額返済する意思を示しています。一方、町は全額と弁護士費用合わせて5116万円の支払いを田口容疑者に求めて山口地裁萩支部に提訴しています。

ニュース一覧に戻る