【山口】分かりにくい一時停止で違反取り消し

通行方法が分かりにくかったとして警察が交通違反を取り消して反則金を返還することになりました。【記者】「こちらの道路、以前は一時停止の規制が敷かれていましたが現在は白線が引かれ標識もなくなっています」。岩国市麻里布町の交差点です。通行方法が分かりにくいと利用者から指摘があり6月16日から「一時停止」の規制が廃止されました。規制があったときの交差点です。ここを右折する際には「とまれ」と書いてある標識の前で一時停止してから曲がらなければいけませんでした。岩国警察署によると今年4月、この交差点で一時停止せずに右折した車両3件を交通違反で検挙したということです。し
かし近くの住民から「どのように通行したらいいかわからない」と警察に相談が寄せらました。その後、警察は現場の状況などを調べ利用者にわかりづらく「取締りの妥当性」に掛けていたと判断し一時停止の廃止を決め標識などを撤去しました。検挙した3件の違反も取り消し反則金も返還するということです。交差点をよく利用する人は「複雑だったので改善されてよかった」と話していました。

UPDATE:2022-06-23

他の記事はこちら

【山口】高校野球山口大会 組み合わせ抽選会

甲子園出場をかけた夏の高校野球山口大会の組み合わせ抽選が山口県山口市で行われました。組み合わせ抽選では出場54チームの部長がクジを引き対戦が決まりました。Aブロックのシード校は光と長門です。Bブロックは春の大会の優勝チーム宇部工業が2回戦から登場します。Cブロックの下関商業と下関工科の勝者は、2回戦でシード校の下関国際と対戦します。Dブロックは前回優勝の高川学園とベスト4の西京がシードされています。大会は山口県内4会場で7月9日に開幕。ベスト8からは会場を山口県山口市に移し決勝は7月26日の予定です。組み合わせはyabのホームぺージでも確認できます。

【山口】部活動改革推進協議会

部活動の在り方が大きく変わるかもしれません。中学校などの部活の指導を学校から地域に移行する検討会議が山口県庁で開かれました。県庁で開かれた会議には県教委をはじめ県内の運動部と文化部の各連盟などからおよそ20人が参加しました。県内では周南市、防府市、美祢市の中学校あわせて3校で実験的に部活の地域移行が行われています。このうち防府市の牟礼中学校では昨年度から有志の教員11人と地域住民4人で8つの部活の指導に当たったことで課題が浮き彫りになったということです。防府市では今後学校の枠を超えて地域や競技ごとに活動することも検討していく方針です。県では今年10月と来年2月にも会議を開き部活の地域移行に向けて協議していく方針です。

【山口】萩焼・8年不在の坂高麗左衛門を襲名

約400年の歴史を誇る萩焼の宗家、坂家で8年不在だった「高麗左衛門」を当主の男性が襲名しました。十四世坂高麗左衛門を襲名したのは坂家の当主、坂悠太さんです。京都の芸術大学を卒業後、2013年に萩に戻り、母親でもある先代の下で技を磨いてきました。2014年に先代が亡くなったあとに窯を継承し、8年近くの作陶活動を経て23日、襲名しました。=坂高麗左衛門(坂悠太さん)=「従来の萩焼をしっかり守ってというとこに軸足はかなり先代先々代と比べるとそちらがかなり強くなってくるのかなと考えています」坂さんは「今の時代にどんな活動がふさわしいのか考えていきたい」と意欲を示しました。

ニュース一覧に戻る