【山口】2024年問題を前に トラック運送を協議

時間外労働の上限により物流の停滞が懸念される「2024年問題」を
関係機関が協議しました。
荷物を運ぶ側、そして受け取る側にそれぞれ課題がありました。
=中国運輸局・高山正浩自動車交通部長=
「物流の停滞が懸念されるいわゆる「2024年問題」については
4月1日を乗り越えればそれで解消するという一過性のものではない事は
みなさんよくご承知の通りでございます。」
会議では県内のトラック事業者や配送を依頼する「荷主」、
行政機関が参加し課題を共有しました。
今年4月から、ドライバーの年間の時間外労働に上限が設けられることで
輸送量が減ることが懸念されています。
いわゆる2024年問題を受けてトラック業者の課題はドライバーの賃金だといいます。
=宇部貨物・青山澄男代表取締役会長=
「残業が減る事によってドライバーの収入が減るという問題がございましてそのへんを会社として負担するという方法をとらせていただいております」
一方、運送料金の交渉ができるチャンスたという会社もあります。
=国広倉庫運輸・国広和之代表取締役=
「荷主さんにも危機感があるんですね。われわれ物流業者が動けなくなったらどうなるんだと実際価格の転嫁は今までに比べたらやりやすい」
また荷主側では物流センターに荷物を降ろすまでにドライバーが待機する
「荷待ち時間」の削減が課題だといいます。
=積水ハウス山口工場製造部・相本尚俊物流グループ長=
「(物流センターで)積み込み要因の人数が不足しがちだという事でそこをクリアしていかなければいけないなというところです」
そして労働組合からは経済団体側に対する要望が出されました。
=運輸労連山口県連合会・吉田昌裕執行委員長=
「送料無料という表記が非常に目について、消費者に誤解を与える。
送料無料という表示は一旦おいていただいて送料込みとか消費者に誤解を与えない、運輸産業全般の底上げとなるような表示方法を徹底していただくようにお願いを申し上げたいと思います」
解決すべき課題が山積する物流業界。
県トラック協会は、ドライバーの待遇改善のため、
荷主への協力を求めていきたいとしています。

UPDATE:2024-01-31

他の記事はこちら

【山口】君嶋愛梨沙選手と廊下を走っちゃう!?

トップアスリートが意外な場所で児童たちに走り方を教えました。下関市の本村小学校の自慢は、106メートルもある長い廊下です。もちろん、普段は走ってはいけませんが「一度、走ってみよう」ということで「廊下100メートル走」が実現しました。走り方を教えてくれるのは何と!岩国市出身で日本を代表するスプリンター君嶋愛梨沙選手。下関市も練習会場にしていることから特別指導が実現しました。速く走るコツを教わった児童たちは先生からの応援も力に長い廊下を全力で駆け抜けました。=児童=「なんかいつもと違う感じがあってドキドキしました」「(君嶋選手のアドバイス)『1点を見つめる』ことによって、もっと速く走れたような」=君嶋愛梨沙選手=ことし行われるパリオリンピックに向けて、すごく頑張ろうという風な気持ちになりました。また皆さんにお会いできることを思って、また地元で頑張りたいと思います」

【山口】亀山八幡宮は幻のふく御朱印

2月29日は4年に一度の特別な「ふ」「く」「の日」です。下関市の神社では限定の御朱印が授与されました。特別な御朱印がこちらー。うるう年の2月29日、「ふくの日」しかお目見えしません。4種類が用意されました。授与しているのはフグの神事も行われる下関市の亀山八幡宮です。今回の御朱印、同じ「29日」の語呂合わせを持つライバルへの対抗心もあるようです。=竹中信彦宮司=「下関は『ふく(=フグ)』が有名だが、下関市民も29日は「肉の日」という方が多くてとても悲しく思っており」こうしてできたのが今回の「特別な御朱印」です。=yab記者=「なかでもこちらの御朱印はホログラムになっているんです。非常に特別感を感じます」豪華なこちらは290枚限定です。=参拝者=「下関に住んでいるので、フグで、うるう年で縁起がいい」29日は朝から多くの人の姿が訪れ、ご利益にあずかっていました。

【山口】遊漁船に関する法改正 安全設備が負担

北海道・知床遊覧船の事故を受け遊漁船業法が改正がされます。安全確保を目的としたものなんですが関係者からは高額な負担や時間がないと意見が相次ぎました。おととし北海道知床沖で観光遊覧船カズワンが転覆し乗客乗員あわせて26人が死亡しました。27日下関市では事故を機に改正される遊漁船業法について遊漁船の事業者らが説明を受けました。法律の改正により乗船時間や気象状況などを記載した乗務記録のほか出航前の検査など安全管理体制が強化されます。また、時期は決まっていませんが無線設備や非常用の位置発信装置。そして新たな新基準をクリアした救命いかだの設置などが義務化されます。一隻につき数百万円がかかるとも言われています。参加者は安全対策の理解を示す一方戸惑いの声も聞かれました。=参加者=「たしか(救命いかだは)200万円くらいはかかる取り付けとなったら工事費もかかる。もうやめようかという人が出てきたりとか」=参加者=「みなさん海に少し出る遊漁船の船長とかなんです法整備にみなさんがついていけないタイムラグがかなりある」安全設備の遊漁船への設置義務化は反発も多く適用時期は決まっていません。県では引き続き国と情報交換を行いながら必要な支援などを要請していきたいとしています。

ニュース一覧に戻る